VR

Virtuleap WebVR Hackathonに出た話

こんにちは.Kishiです.

2017年になりましたね.昨年はVR元年と言われていましたが,今年のVRは果たしてどうなるのでしょう.

自分は,これからのVRでは他者とのインタラクションという部分も発展していくと考えています.FacebookがSocial VRというものを推し進めていますが,これがもっと自然な形になれば普及する可能性はあると思います.

ここで,現在発展途上のVRの分野にWebVRというものがあります.これを使えば,上に述べたようなVRができるのではないかと思い,2月1日まで開催されているVirtuleap主催のWebVR Hackathonに参加しました.

現在VRの開発環境としてはUnityやUnreal Engineが有名ですが,どちらも今のところWebVRには対応していません.ですから,今回はThree.jsとWebVR Boilerplateを使ってWebVRを実現しました.また,A-Frameも有名ですが,今回は使いませんでした.

自分は他者とともに同じ空間でVRをやりたかったので,マルチプレイ機能を実装することになりました.このためにNode.jsでSocket.IOを使いました.

こうしてできたのが, SphereBlast です.手軽にプレイできるように,Cardboardがあれば誰でもアクセスするだけでできるようになっています.具体的な内容としては,各プレイヤーは球状の乗り物に乗っており,迷宮,山,城を散策できるというものです.山には拾って渡すことのできる星が落ちていたり,城には逃げる鳥がいたりします.

ハッカソンの結果としては,ダメでした.やはり同時にプレイする人のいるほどにぎわっておらず,それに今回のハッカソンではHTC Viveなどの最新機器を持っていることが前提のような作品が多く,趣旨もそのようでした.とはいっても,Node.jsを使ったのも今回が初めてでしたし,いろいろ良い経験になったと思います.そういうことにします.

thumbnail_sphereblast

DragonDusk コミケに出すVRゲーム

こんにちは.Kishiです.

KCSは木曜日 西地区“み”ブロック-34a に配置されました.

そのため,最近はコミケ向けの活動が多くなっています.周りを見ると,新刊本「KCS Tips!」の執筆が着々と進んでいて,みんな頑張っているなぁ…と思っておりました.ここで改めてKCSの出品する内容を見てみると,なんとソフトウェア「KCS-SOFTWARE!」も出すんですね.そういえば,自分も何かVR出すよ,と言っていたような…(˘ω˘)

はい.早急に取り掛かりました.まるでゲームジャムをやっているようでしたが,完成しましたので下に動画を載せておきます.

VR空間内では移動や攻撃が難しい課題です.最近はコントローラのあるVRも増えてきましたが,Cardboardの場合はなかなか厳しいです.そこで,それならば移動も攻撃も他人任せにしてしまおうということで,すべてドラゴンに任せました.自分のすることは,ドラゴンの攻撃対象を目線で指示してあげるだけです.3Dモデルはすべて昨年のVSGで使われた,サークル内で制作されたものです.(音楽はKCS音楽班のものではなく,VSGと同様にこちらを使わせていただきました)このゲームはAndroid専用でかつCardboardが必要ですのでご注意ください.

2016/12/27追記・・・Oculus Rift DK2用のものも用意しました.Unity 5.5からDK2向けビルドのできる5.3に下げるのが大変でした.

「KCS-SOFTWARE!」にはこの他にも,

・研究映像

・イラスト(原画,制作の流れ付き)

・暗〇ゲーム(PC向け)

・Conway’s Game of Life(ブラウザで動作)

・3Dモデル(4体)

が含まれておりますので,KCSのブースに来ていただきましたらぜひご購入ください.

新刊本「KCS Tips!」もよろしくお願いします.

 

Oculus Rift DK2で使えるコントローラを作ってVR音ゲー作り

お久しぶりです.Kishiです.

一切誰も記事内で触れていませんが,KCSは三田祭に出展します.それに向けたチーム制作も複数動いています.やはり,記事にしないと外部に伝わらないので,それぞれのチームに記事を書いてもらおうかな….

さて,KCSはVR,Virtual Realityにも力を入れています.昨年はOculus Rift DK2を購入してこれを三田祭でのゲーム制作に利用したところ,非常に好評でした.(→VSG

最近の世の中を見ると,HTC ViveやOculus Rift CV1,PlayStation VRが出てきてVR業界は非常に盛り上がっています.KCSは昨年DK2を買ったばかりなので今年の三田祭には昨年同様DK2を用いることになりましたが,ここであることに気づきます.

コントローラがない…!

ナウいVRには皆,VR空間に直接干渉できるコントローラがあります.しかし,DK2にはありません.

そこで,一切のお金を掛けずにコントローラを作ってみました.正確には,昨年サークルで購入したWebカメラと色のついた紙とマスキングテープと労力で作りました.

dk2-controller2

dk2-controller4

簡単に説明すると,色認識をしてコントローラの位置を把握し,これとVR空間内の物体をリンクさせています.(簡単に説明も何もそもそも簡単な原理だった.)

これを使って音ゲーを作りました.音楽はKCSの音楽班が提供してくれました.ありがとうございます.

今年は他にも多くのVRゲームが展示されます.もちろん,VRでないゲームや,KCSの技術力の詰まった(自分には全く理解できない)展示もあります.ぜひお越しください!