Game

DragonDusk コミケに出すVRゲーム

こんにちは.Kishiです.

KCSは木曜日 西地区“み”ブロック-34a に配置されました.

そのため,最近はコミケ向けの活動が多くなっています.周りを見ると,新刊本「KCS Tips!」の執筆が着々と進んでいて,みんな頑張っているなぁ…と思っておりました.ここで改めてKCSの出品する内容を見てみると,なんとソフトウェア「KCS-SOFTWARE!」も出すんですね.そういえば,自分も何かVR出すよ,と言っていたような…(˘ω˘)

はい.早急に取り掛かりました.まるでゲームジャムをやっているようでしたが,完成しましたので下に動画を載せておきます.

VR空間内では移動や攻撃が難しい課題です.最近はコントローラのあるVRも増えてきましたが,Cardboardの場合はなかなか厳しいです.そこで,それならば移動も攻撃も他人任せにしてしまおうということで,すべてドラゴンに任せました.自分のすることは,ドラゴンの攻撃対象を目線で指示してあげるだけです.3Dモデルはすべて昨年のVSGで使われた,サークル内で制作されたものです.(音楽はKCS音楽班のものではなく,VSGと同様にこちらを使わせていただきました)このゲームはAndroid専用でかつCardboardが必要ですのでご注意ください.

2016/12/27追記・・・Oculus Rift DK2用のものも用意しました.Unity 5.5からDK2向けビルドのできる5.3に下げるのが大変でした.

「KCS-SOFTWARE!」にはこの他にも,

・研究映像

・イラスト(原画,制作の流れ付き)

・暗〇ゲーム(PC向け)

・Conway’s Game of Life(ブラウザで動作)

・3Dモデル(4体)

が含まれておりますので,KCSのブースに来ていただきましたらぜひご購入ください.

新刊本「KCS Tips!」もよろしくお願いします.

 

Oculus Rift DK2で使えるコントローラを作ってVR音ゲー作り

お久しぶりです.Kishiです.

一切誰も記事内で触れていませんが,KCSは三田祭に出展します.それに向けたチーム制作も複数動いています.やはり,記事にしないと外部に伝わらないので,それぞれのチームに記事を書いてもらおうかな….

さて,KCSはVR,Virtual Realityにも力を入れています.昨年はOculus Rift DK2を購入してこれを三田祭でのゲーム制作に利用したところ,非常に好評でした.(→VSG

最近の世の中を見ると,HTC ViveやOculus Rift CV1,PlayStation VRが出てきてVR業界は非常に盛り上がっています.KCSは昨年DK2を買ったばかりなので今年の三田祭には昨年同様DK2を用いることになりましたが,ここであることに気づきます.

コントローラがない…!

ナウいVRには皆,VR空間に直接干渉できるコントローラがあります.しかし,DK2にはありません.

そこで,一切のお金を掛けずにコントローラを作ってみました.正確には,昨年サークルで購入したWebカメラと色のついた紙とマスキングテープと労力で作りました.

dk2-controller2

dk2-controller4

簡単に説明すると,色認識をしてコントローラの位置を把握し,これとVR空間内の物体をリンクさせています.(簡単に説明も何もそもそも簡単な原理だった.)

これを使って音ゲーを作りました.音楽はKCSの音楽班が提供してくれました.ありがとうございます.

今年は他にも多くのVRゲームが展示されます.もちろん,VRでないゲームや,KCSの技術力の詰まった(自分には全く理解できない)展示もあります.ぜひお越しください!

UnityでUWP(Windows Store)アプリを作るときに気を付けること

こんにちは。Kishiです。

まずは宣伝。以前紹介したアプリの公式ホームページができました。

http://trsasasusu.sakura.ne.jp/spinactioncreator/ja/

では、本題。

Unityは本当に様々なプラットフォームに対応しています。その中にUWP、Universal Windows Platformも含まれています。そこで、せっかくスピンアクションクリエイターをAndroid向けに出しているのだからこちらにも進出してみようということで、Android版から何も変えずにBuild SettingsからSwitch Platformしてビルドしてみました。

すると、エラーが出るわ出るわでビルドできませんでした。

最終的にはリリースまでこぎつけたのですが、そこまでにぶつかった壁を紹介していきます。

1. AES問題

このゲームではAESを用いて暗号化していたのですが、なんとAesManagedなどの暗号化で通常用いられているクラスが使用できないのです。そのため、

<br />
#if NETFX_CORE<br />
// UWP用の処理<br />
#else<br />
// その他のプラットフォーム用の処理<br />
#endif<br />

を用いて他のプラットフォームと分岐させなければなりません。UWP用の暗号化については、 http://qiita.com/utisam/items/4ff154335519650d189b#_reference-834101a5ec3afe6a51acが非常にわかりやすいです。

2. StreamWriterのClose()がない

ただびっくり。Dispose()を使いましょう。

3. シェーダーでTRANSFER_SHADOW(o)が使えない

必要な場所でこれがないと死ぬプラットフォーム(Androidで強制終了くらった)と、これがあると死ぬプラットフォームがあるので注意。

4. タッチのできるデバイスとできないデバイスがある

公式にこれに対応するためのソースコードが出ていますが、以下の

<br />
UnityEngine.WSA.Application.InvokeOnUIThread(() =&gt;<br />
    {<br />
      isInTouchMode =<br />
        UIViewSettings.GetForCurrentView().UserInteractionMode ==<br />
        UserInteractionMode.Touch;<br />
    }, true);<br />

<br />
UnityEngine.WSA.Application.InvokeOnUIThread(() =&gt;<br />
    {<br />
      isInTouchMode =<br />
        Windows.UI.ViewManagement.UIViewSettings.GetForCurrentView().UserInteractionMode ==<br />
        Windows.UI.ViewManagement.UserInteractionMode.Touch;<br />
    }, true);<br />

としないとビルドできません(または、usingするか)。そもそもタッチのできるWindowsデバイスを自分は持っていないので本当に動いているのか検証できていません。(おそらくテスターの方々によるテストを通っているので動作しているのだと思います)

5. Handheld.PlayFullScreenMovie()に注意

StreamingAssetsに入れたビデオが再生されなくてびっくりしました。公式には確かに使えそうなことが書いてあったので。そこで、調べてみるとどこかの海外のフォーラムにて、第1引数を

<br />
&quot;hoge.mp4&quot;<br />

から

<br />
System.IO.Path.Combine(Application.streamingAssetsPath, &quot;hoge.mp4&quot;)<br />

と書き直すと動く、と書いてあったので実際にやってみたら動きました。Android(おそらくiOSも)だったら省略できるのに…。

 

ここからは、.slnを作った後の話です。

6. ここまで来てビルドできない

UWPアプリをUnity以外で普通に開発するときのクラス名と被っているとエラーが出ます。自分はUnityで独自にFileIOクラスを作っていたので、これと被ってエラーを吐かれました。Windows.Storage.FileIOというように名前空間を直接つけて修正しましょう。

7. Debugビルドの実行が異様に遅い

普通の動作テストはReleaseビルドで行いましょう。そして、リリースするときはMasterビルドにしましょう。海外のフォーラムにも結構上がっています。

8. Masterビルドのx64版が死ぬ

正確には、uGUIのScroll Rectが死にます。他にも何か死んでいて、もう実態がつかめないのでx64版はあきらめました。x86版とARM版だけで行きました。

 

ここからはリリース前後の話です。

9. 手続きが大変

これはしょうがないです。決められた大きさのスクリーンショットが必要だったり、課金のために条約が何とかあったりといろいろありますが、がんばりましょう。もちろん認定のために審査があるので、Androidに比べてリリースには時間がかかります。

10. 突然の更新リジェクト

謎。テスターへの文面を英語と日本語両方で丁寧に書いたら通りました。

 

とりあえず、以上です。予想以上に大変でしたが、無事リリースできました(宣伝)

以下の公式バッジは https://developer.microsoft.com/en-us/store/badges で作ることができます。

Get it on Windows 10

スピンアクションクリエイターはWindows Storeで「ゲームを作る」と検索するだけで候補に出てきます。この記事を読んで役に立った方は、ぜひ評価をしていただきたく存じます。そうしていただけるとものすごく嬉しいです(ものすごくものすごく宣伝)

Spin Action Creator スピンアクションクリエイター

お久しぶりです。Kishiです。

前回の自分の記事で8月中にトレーラーを出したいと書いておきながら、気が付けば9月になっておりました。

自分だけのアクションゲームのステージを2Dにおいても、3Dにおいても作成できるゲームです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.trsasasusu.spinactioncreator

 

Get it on Google Play

以下は動画です。

サムネイル

Screenshot_2016-09-02-00-39-17

明けましておめでとうございます

お久しぶりです。未だに「である調」か「ですます調」かで迷っているKishiです。

明けましておめでとうございます。今年もKCSをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年2015年の干支は未、今年2016年の干支は申です。そこで、羊飼いゲームを作りました。2015年にあった嫌なことも一緒に追い払ってやってください。

Play!

操作はマウスを動かすだけで、すべての羊を柵の内側に入れることが目的です。

 

VSG

VSGとは

1.Variant Surface Glycoprotein、変異性表面糖タンパク質の略称。

2.Visual Stimulus Generator、Cambridge Research Systems社によって開発された視覚実験用の刺激作成・呈示装置の略称。

3.Butterfly 攻撃用シェーク 卓球ラケット。

4.Cisco Virtual Security Gatewayの略称。

5.Virtual Shooting Game、Keio Computer Societyにおいて開発されたVRゲームの略称。

ここでは、5.について解説する。

事の発端は、2015/04/15(水)、初めて1年も参加したKCSの定例会(?)において三田プロジェクトの開始が告げられたことである。

そもそも初めは三田祭向けということでカップルを狙ったホラーゲームを先輩は企画していたようだった。だが、未だ5月病にかかっていない怖いもの知らずの新入生たちはVR、Oculus Riftを用いたVirtual Realityゲームを作ると意気込んでいった。(ちなみに、通信対戦にしようという話やOculus複数台という話があったのは内緒)

それから予算などの話などで少しみんなの意気込みが減り、VRを使わない脱出ゲーム班と分かれ、5月病が襲来したあたりでシューティング班の活動が始まった。その中でシステムデザイン班は主にストーリーやゲームシステムを、ハッカー班は今回使うUnityの勉強をしていった。(Gitの導入はやばすぎ)

そしてシステムデザイン班ではフライトシューティングの意見が折れ、レールシューティングに決まり、ハッカー班ではたこ焼きの出てくる簡単なゲーム(?)を共同制作したあたりで予算の通ったOculus Rift DK2が届いた。が、とうとうアレがきたのである。

夏休み(^^)

一応、Skypeを使って共同制作をして進めようとしたのだが、人が集まらず、気が付けば9月、そして夏休みが明けてあっという間に10月w

まあ、何とか矢上祭には森のステージを出すところまではこぎつけた。モデルとスコア実装はありがたかった。もちろんレールも。

そして、11月の三田祭に向けてひどく減った人数は気にせず開発を続けていった。有料か無料か論争なんてあった気がするけど書かない。それよりも実装がー。

最終的に火山ステージに出てくるドラゴンが完成したのは三田祭前日(本番中にもバグ取りはあった)。本当はもっとOculusのセットアップがアレな話とか、Unityのシーンのマージがアレな話(これはVimでどうにかなる)とか色々あったけど書き切れない。とにかく、三田祭に間に合ってよかった。ありがとうございました。

あと、LINEの日程調整には答えてほしい。これ重要。

forest

ocean

volcano

Oculusの製品版が来年の第1四半期に出るそうだ。もしも買うのであれば有料にしなければならないだろう。