Android

DragonDusk コミケに出すVRゲーム

こんにちは.Kishiです.

KCSは木曜日 西地区“み”ブロック-34a に配置されました.

そのため,最近はコミケ向けの活動が多くなっています.周りを見ると,新刊本「KCS Tips!」の執筆が着々と進んでいて,みんな頑張っているなぁ…と思っておりました.ここで改めてKCSの出品する内容を見てみると,なんとソフトウェア「KCS-SOFTWARE!」も出すんですね.そういえば,自分も何かVR出すよ,と言っていたような…(˘ω˘)

はい.早急に取り掛かりました.まるでゲームジャムをやっているようでしたが,完成しましたので下に動画を載せておきます.

VR空間内では移動や攻撃が難しい課題です.最近はコントローラのあるVRも増えてきましたが,Cardboardの場合はなかなか厳しいです.そこで,それならば移動も攻撃も他人任せにしてしまおうということで,すべてドラゴンに任せました.自分のすることは,ドラゴンの攻撃対象を目線で指示してあげるだけです.3Dモデルはすべて昨年のVSGで使われた,サークル内で制作されたものです.(音楽はKCS音楽班のものではなく,VSGと同様にこちらを使わせていただきました)このゲームはAndroid専用でかつCardboardが必要ですのでご注意ください.

2016/12/27追記・・・Oculus Rift DK2用のものも用意しました.Unity 5.5からDK2向けビルドのできる5.3に下げるのが大変でした.

「KCS-SOFTWARE!」にはこの他にも,

・研究映像

・イラスト(原画,制作の流れ付き)

・暗〇ゲーム(PC向け)

・Conway’s Game of Life(ブラウザで動作)

・3Dモデル(4体)

が含まれておりますので,KCSのブースに来ていただきましたらぜひご購入ください.

新刊本「KCS Tips!」もよろしくお願いします.

 

Spin Action Creator スピンアクションクリエイター

お久しぶりです。Kishiです。

前回の自分の記事で8月中にトレーラーを出したいと書いておきながら、気が付けば9月になっておりました。

自分だけのアクションゲームのステージを2Dにおいても、3Dにおいても作成できるゲームです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.trsasasusu.spinactioncreator

 

Get it on Google Play

以下は動画です。

サムネイル

Screenshot_2016-09-02-00-39-17

Unityで関数の引数にListを使うと…

こんにちは。Kishiです。

ある日、Unity Editor上で軽快に動いていたアプリをAndroid向けにビルドしてみました。そして、いざ実行してみると…、

動かない。

正確には、アプリの一部の機能が動かないのでした。そこで、デバッグのためにDevelopment Buildにしてみると…、

こいつ・・・動くぞ!

訳がわからない。

とりあえず適当にデバッグしていると、Listを引数にとる関数が怪しいとわかりました。そして色々テストした結果、驚愕の事実が判明しました。

その関数内で引数にとったListをAddしたら異常終了する環境がある。

はい。しょうがないですね。意味はないかもしれないですがrefにしてもダメでした。

仕方がないので、Listをメンバ変数にすることでうまくやり過ごしました。みなさんも気をつけましょう。

以上。

UnityとAndroidとJava

http://qiita.com/relzx/items/a35f7ab6dbacb48f7e26

↑には本当にお世話になりました。

なお、現在のUnity(少なくとも自分がいま使用しているUnity 5.1.1f1)では、凝ったことをしないならばマニフェストをコピーしてくる必要はない。

2015/11/10 追記

凝ったこと、つまりパーミッションの追加やアクティビティの変更をしたいならば、Windowsであれば

C:\Program Files\Unity\Editor\Data\PlaybackEngines\androidplayer\AndroidManifest.xml

これをAssets\Plugins\Android\にコピーしてきて、それから編集する。