一般

KCSで行われた一般的な事柄

ogiwaraの一年間の自習の振り返り

「オタクは隙あらば自分語り」らしいので、その慣例に従うことにします。

どちらかと言うと、自分自身の為の記録という意味合いが強いので、他の方が見て面白いかどうかはわからないです(私が何やってたか興味ある方が居れば読んでみると面白いかもしれません)。

SFCの方のアドベントカレンダーでも投稿しているので、良ければ読んでみてください。↓
最終課題で物理エンジン作ってイキった話

4月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1117356173752033280?s=20

Penmarkアプリをリリースして間も無かったこともあり、あまり自習には時間を割けませんでした。

Atomic Design、システム設計手法の本を読んでいました。

Atomic Design: Web componentの設計手法。物質の原子、分子、有機体…という構成をまね、その構成をWeb componentでも採用したもの。
現場で役立つシステム設計の原則: そもそもオブジェクト指向とは何か、ドメイン駆動とは何か、どんなパターンがあるか、など現場で役に立つ設計手法のノウハウ本です。

5,6月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1132616250364813312?s=20

部室の本棚に、前々から読みたかったTaPLがあったので、一念発起して読破しようと決心しました。その準備としてCoPLを二週間で読み終えました。
理数系の本を読んだことが今までなかったので、非常に苦労しながら読んでいたのを覚えています。でも各章の内容は非常に魅力的でした。
また、某君に影響されてWebGLを始めました。

CoPL: Concept of Programming Languagesの略。「プログラミング言語の基礎概念」という本。プログラムの意味論とかについて簡単に触れている。
TaPL: Types and Programming Languagesの略。れっきとした型システムの入門書。入門書とは言いつつもレベル的には一応海外の院レベルぽい?ラムダ計算と操作的意味論を元に部分型付け、多相性など実用的な話題が多いので非常にお勧めです!
型システム: プログラミングにおける型とは何か、どのようにして、「プログラム全体が正確に型付けされていたら、実行時にエラーを吐かないか」を証明するか、など。
WebGL: OpenGLのWebブラウザ版。OpenGLは低レイヤーのグラフィックスレンダリングライブラリ。

7月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1149312784833712128?s=20

情報基礎1の最終課題として物理エンジンを作りました。それについてはSFCのアドベントカレンダーの方(上記)で記事を投稿しました。
TaPLを読み続けていましたが、25章で挫折しました。全然訳がわからなくなったので、夏休みになったら一から読み直そうと決心しました。
期末テストの時期でしたが、試験は2個しかありませんでした。SFCなんでね。

8,9月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1175765095168671744?s=20

朝から晩まで自習の時間が取れる夏休みは最高ですね。
挫折したTaPLをもう一度一から読み直し、なんとか読み終えました。他の進捗は上に書いてある通りです。
また集合位相の本については、サークルのメンバーと一緒に輪講会を開きました。一週間で一章、というえげつない量でしたがスピードラーニングで効率よく習得できたと考えています。

10月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1179721654567456768?s=20

TaPLの輪講会をSFCで開き、教授と院生の方二名と私で一週間で一章ずつ読んでいきました。毎回21時ごろまで付き合ってくださった教授には頭が上がりません…。
また、某君がPRMLの輪講会を始めたので、PRML上/下を買って読み始めました。一週間でテキトーーーに確率・統計の勉強を始めて機械学習の入門書としてPRMLを読み始めました。

11月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1200756332699107328?s=20

PRML。ひたすらPRML。輪講会では一週間に一章のペースだったので。

12月

https://twitter.com/designpatterngf/status/1206115108646051842?s=20

TaPLの時のように挫折することもなく、とりあえずPRML上巻を読み終えられました。
後期の勉強を何もしていない状態で期末試験1ヶ月前になったので、一回期末試験の内容を勉強するためにPRML二週目はお預けにしました。期末試験の勉強の合間合間にTaPLとATTaPLを読みました。
ATTaPL: Advanced topics in types and programming languagesの略。 TaPLの続編と言われている。これはあまり知られていないかも?

振り返り

自習時間が沢山確保できた

SFCに転部してから、かなり自習の時間が確保できるようになりました。自習の内容的には総じて充実した一年間だったと思います。ただ、やっぱりTaPLとPRMLといったかなりヘビーな本を読むのに時間を取られましたね。

Twitterでの進捗管理

私は所謂ツイ廃で、Twitterで進捗をよく呟いてました(上記の投稿がまさしくソレですね)。簡単にメモを取れるし、アドバイスしたり褒めてくださる方もおり(非常にありがたいです)、自分自身のモチベ維持には非常に役に立ちました。
しかしながら、これはTwitterではよくあることなのですが、他人の進捗や投稿を見てしまったが故に焦燥感に駆られたり、「自分は今まで何をしていたんだ…」とショックに陥るパターンが少なからずあります。当然こういった状況は避けたいのですが…なかなか難しいものです…。

P.S. )

https://twitter.com/furikake555/status/1206419847699001344?s=20

 

ちょっとした後悔

数学系の自習をまともにはじめたのはTaPLを読み始めてからでした。いわゆる独学というやつは高2のころから行っては居ましたが、数学系の独学は自分には難しいと思い、ずっと敬遠していました。ここはもう少し早めにやるべきだったと思います。

なぁ・・・ネットワークしようや・・・

*これはKCS AdventCalender2019 14日目の記事です*

はじめに

はじめまして. KCSの時空の歪み担当,来年もJ科B2のいくぴーです.
AI・高度プログラミングコンソーシアム(AIC) というところで計算サーバの面倒をみています.

最近,ネットワークを真面目に構築するか〜という空気ができつつあるので,KCS内でネットワークのお勉強会でもやってみようかな,と考えています.
具体的な活動は年明けから行う予定なので,ここでは「何を使って勉強すればよいか」ということを書いていきます.
参考にしてみてください(参考になるとは言ってない)

書籍ですが,まずは『マスタリングTCP/IP 入門編』を読みましょう.めちゃくちゃわかりやすいです.
これを読んで大まかに基礎を学んだらCCNA(Ciscoのネットワーク技術者資格)の本を読んでもいいのですが,ほとんどの方は演習用の実機を用意するのはハードルが高いと思います.
そこで,後述するGNS3を使うことになると思うのですが,これの使い方については正直ググったほうがより新しい情報が手に入れられます.
ただ,2019年現在だと今年出版された『GNS3によるネットワーク演習ガイド』が,そこそこわかりやすく導入が書かれており良さげです.

ツール

GNS3

仮想マシンを使って仮想的なネットワーク構築ができるソフトウェアです.無料で使えます.
使い方はここに割とまとまっています(ありがたい…).
ただ,使用するにはネットワーク機器のOSが別途必要です.

Cisco IOS

Cisco製のネットワーク機器に載っているOSです.
他ベンダーのコマンドもこれに近いので,ネットワークの勉強をする人はこれを使うことが多いです.
ただ,個人が入手するにはルータ等を購入してIOSを吸い出す必要があり(ヤフオクで買え).,少々ハードルが高いです.
そこで,次に挙げるVyOSを使うといいと思います.

VyOS

オープンソースのネットワーク機器向けOSで,Linuxディストリビューションのうちの1つです.
コマンドはIOSと少々異なりますが,学習用としては十分だと思います.
ネット上に情報も充実していますし,日本語のコミュニティもあるので良いのではないでしょうか.

Linuxベースだと他にCumulus Linuxもあります.
僕としてはこちらを推したい気持ちがあります.というのも実際に一部のベンダーはCumulus Linuxが載ったネットワーク機器をリリースしているからです.
GNS3等で仮想ネットワークの構築に使いたい場合はCumulus VXを無料で使うことができます.

さいごに

今まで自分の知らなかった分野を学習する際,ハードルとなるのが

  • 何から勉強すればよいか
  • 何を使って勉強すればよいか

だと思います.用語も何も知らなくてはググることもできませんからね…
今回の記事が,ネットワーク構築の学習をする上で後者の悩みを解決する一助となれば幸いです.

あ,あとKCSでネットワークに興味ある方は,よければjournal-networkチャンネルに参加してください.よろしくお願いします.

 

←13日目 | 15日目→

「うちの子」のすゝめ by EDGE

これはKCS AdventCalendar2019 13日目の記事です

←12日目  14日目→

どーも、KCS音楽班の まんたあにど です。

突然ですが、皆さんには「うちの子」(オリキャラ)がいますか?

「いる」という方、よろしいです。我が子のようにこれからも末永く可愛がってあげてください。内心とても喜んでくれます。

「いない」という方、まずいです。人生の200%くらい損しています。一度転生しても足りないぐらいです。少なくとも二回は転生しましょう。

……冗談はさておき、しかし、うちの子がいるだけでも、活動の幅は確かに大きく利いてきます。実際、KCSにはKCSちゃんやKCSドラゴンといったオリキャラがいますが、特にKCSちゃんについては、新歓ライブや音楽CDのパッケージなど、あらゆるところでサークルの顔として活躍しています。何だったら、ゲームのキャラになったりスタンプになったりもしています。彼女の例以外にも、ブログの中に忍ばせてあげたり、資料をわかりやすく伝えてあげたり…… このように、うちの子は皆さんの活動全般において潤滑油になってくれるに違いありません。

そうはいっても、キャラクターは描けない、絵を描くのは苦手だという方は多くいると思います。そこで今回は、元々スライムかカービィしか描けなかった筆者が、実際にEDGEを使って少しでも可愛げが出るように自分流の工夫を施しながら、うちの子を描いてみようと思います。うちの子を描くことのみならず、何らかのキャラクターを描く際の参考にでもなれればと思います。

すでにお気づきかもしれませんが、今回、音楽の話は一切しません。(曲作ってる場合じゃねぇ!)

追記:曲作ってる場合になったので、18日目に音楽に関することを書きました。

①キャラクター案を出す

どんなキャラクターにするかを決めます。初めのうちは容姿だけでも大雑把でもOK。全体像を紙などに軽く書いてみるのも良いでしょう。今回は以下のような子を描いてみます。

  • 人間、10代前半ぐらいの女の子
  • 黒髪、長いおさげ、長い横の髪、ぱっつん風
  • ハートに純白の素朴な民族衣装風

②簡単なドット絵を描いてみる

EDGEをダウンロードして(「EDGE ドット絵」でググれば出てきます)実際にドット絵を描いてみましょう。この段階では的確に全てを描くことよりもキャラクター案をもとに要所をおさえて描くことを心がけましょう。細かいところはあまり意識せずに多少は雑になってもいいぐらいの気持ちで描いたほうが案外うまくいきます。大きさは32×32マスで描いています。(画像の大きさは192×192マスです)

girl32

ペイント絵等とは違い、ドット絵にはコピー&ペーストを繰り返すことでキャラに動きをつけられやすいというメリットがあります。これをうまく利用して3フレーム分の絵を用意すればこの時点で歩かせるぐらいはできるようになります。

girl walk

目の前でうちの子が動いているだけでも気持ちとしてはかなり違ってきます。(こいつ・・・動くぞ!)

③詳細なドット絵に描いてみる

先ほど描いたドット絵を下地にキャラを細かく描いていきます。コピー&ペーストを活用して見た目を整えていきましょう。大きさは192×192マスです。

輪郭といった丸みは順番に色を配置していくように塗ればそれっぽくなります。横に長いほどゆるやかに、縦に長いほど急になります。

girl3

基準となる軸を設けると顔のパーツは配置しやすくなります。子供の場合、パーツを寄せたりおでこを広くしたりすることでよりらしくなります。

girl3

体格について、女性の場合は丸みを帯びた感じに、男性の場合は長方形もしくは逆三角形を意識しましょう。子供の男女はそこまで顕著な変化をつけなくても大丈夫です。

girl4

手足はパーツが小さく難しいため、若干ごまかしました(笑)。もし描くならば、指の配置に気を付けましょう。

girl5

今回は施していませんが、陰をつけたりアンチエイリアスやメッシュを用いたりすることでより綺麗に柔らかく仕上げることができます。

更新:仕上げたので参考程度に載せておきます。ジャギーが取れて立体的になり、肌にハリが生まれて気持ち小顔になったようにも見えます。

girl re

④名前をつけてあげる(最重要)

最重要事項です。答案用紙にはちゃんと名前を書いておく並に大事なことです。「一般にキャラを描く」ことと「特別にうちの子を描く」ことの最大の違いだと思っています。名前があるだけでそのキャラは「有象無象の中の一つの存在」から「『個』として確立された存在」になります(「少年A」から「田中」になるようなイメージ)。また、命名によって「固有」という箔が付きます(捕まえたポケモンにニックネームをつけるようなイメージ)。要するに、名前をつけることでそのキャラは初めて「うちの子」となるのです!

正直、適当でもいいです。本名でも仮名でもキラキラしていても地味でも長ったらしくても短くても具体的でも抽象的でもとにかく何でもいいです(勿論、真面目に考えたほうが愛着は湧きやすいです)。魂を吹き込むかの如く、竜の画に瞳を描き入れるように、描いたキャラに名前をつけてあげましょう。

ついでに、性格がまだ決まっていなければこの時点で考えてみましょう(これに関しては別に無理に決めなくてもいいです)。

また、いくつか表情をつけるとよりキャラが伝わります。

girl192girl6

名前:ミリア

活発的で時々容赦ない。友達思いかつ社交的。基本は自立しているが、双子の兄のキリアに助けを求めることもある。

 

ちなみに、ほかにも何人か描くことでお互い絡ませることができるようになり、よりキャラがひき立つ上に活用の幅も広がります。すでに性格にもある通り、同様に男の子も描いてみます。(ただの欲張り)

boy1boy2

名前:キリア

基本おっとりした雰囲気。いざというときには頼りになる鋭い一面ももつ。双子の妹であるミリアのサポートにまわるが、逆にミリアにサポートされることもしばしば。

補足

今回は一通りキャラの全体像が形になった後で性格に関して触れていますが、慣れてきたらキャラクター案を出す時点で決めてしまいましょう。性格に応じてキャラのパーツや表情をそれぞれ描き分けるようにすると、そのキャラについて見た目で直感的に伝わりやすくなります。設定上は双子のミリアとキリアも性格の差異で若干描き分けています。主にどのようなことに留意して描いたか以下に記しておきます。

ミリア:全体的に「活発的」「容赦ない」というワードを基本にしました。

  • とにかく元気いっぱいという点を強調するために、頬をはっきりとした赤色にしました。
  • 喜怒哀楽といった表情が大きく顔に表れるように目、口、眉毛の動きをそれぞれ大きくしました。
  • 容赦ないことから、鼻の形を少しとがらせました。また、眉毛を少ししかめさせ、目は若干角ついた形にしました。
  • 素朴さを出すために、色の数をおさえました。目立ったチャームポイントも排しました。
  • 純粋さを醸し出すために、服装を白が際立つシンプルなものにしました。髪や目の色も黒色にしました。

キリア:全体的に「おっとり」というワードやミリアとの対称性を基本にしました。

  • 頬を薄いピンク色にし、その面積もミリアより抑えました。
  • 表情も全体的に抑えていますが、「鋭い一面」から例外的に怒については大きくはっきりと顔に表れるようにしました。
  • 鼻の形を若干丸くし、目や眉毛を左に少しなだらかになるように描きました。口の大きさを少し抑えました。
  • ミリアと同様に素朴さを出しつつも、単調さを抑えるために髪型を少し変わった感じにしました。くせ毛もおまけしました。
  • ミリアが白い服を着たので、強制的に黒い服を着させました。髪の色も白に染めました。

ほかにも細かい設定やそれに伴ってデザインに盛り込んだ部分もありますが、キリがないうえに汎用性もないので割愛します。

⑤愛でる

言わずもがなです。最重要どころかやって当然のレベルです。が、正直描くこと以上に難しかったりします。うちの子を描くことの最大のポイントといっても過言ではないです。たくさん描いてあげたり登場させてあげたりしましょう。親が真摯に愛してあげるほど子供はぐんぐんと成長します。愛していたのは最初のころだけ…… なんていう、いかにも黒歴史になるような悲しいことは避けましょう。継続が大事です。(何にしてもこれが難しいんですけどね……)

また、あまりにも愛おしすぎて周囲に迷惑がかかるなんてことが起こらないように心がけましょう。うちの子もよその子も互いに尊重しあえるようにしましょう。

まとめ

うちの子やオリキャラを描くことに抵抗があるかもしれません。しかし、実際に描いてみると達成感やら愛情やら自信やらがどんどん湧き上がってきて意外と気持ちがいいものです。だまされたと思ってふっきれて描いてみましょう。気がつくと、発表したくなるような気持ちが芽生えているかもしれません。

描いてなんぼ! 愛してなんぼ! 公開してなんぼ!

この記事が少しでも参考になれれば幸いです。

では。

end

 

←12日目   14日目→

 

 

初学者のための基本情報技術者試験の勉強

この記事はKCS AdventCalendar 12日目の記事です.

 

 

こんばんは、慶應義塾大学理工学部1年のK.です。

自分は9月頃までBlenderで車や飛行機を作っていました。

今はキャラモデリングをしています。(遅すぎでしょ、いつ完成するのかな・・・??)

Blender関連では特に書く内容が思いつかなかったので、先日受験してきた基本情報技術者試験について書いていきたいと思います。

 


 

 

はじめに

恥ずかしながら自分は、高校生の時に何も情報分野を勉強してきませんでした。

よって今回は初学者の方にちょうど良い勉強の仕方を紹介できると思います。

少し勉強すれば、誰でも受かる試験です。

 


 

 

基本情報技術者試験とは

情報処理の促進に関する法律第29条第1項に基づき経済産業大臣が行う国家試験である情報処理技術者試験の区分です。(引用:wikipedia)

簡潔に言うと、IT業界で働くために必要な基本的知識を問うテストです。

多分ITパスポートより少し難しいくらいの難易度の試験です。(ITパスポートのことは全く分からない)

一応国家試験です。

基本情報で問われる知識は実際は役に立つことがないと言われがちですが、知っていて損はないでしょう。

 


 

 

概要

受験料:税込み5700円

受験日:春期試験は4月の第3に土曜日、秋期試験は10月の第3日曜日

申し込み期間:春期試験は1月中旬からおよそ1か月間、秋期試験は7月中旬からおよそ1か月間

(基本情報や応用情報の試験は申し込みをし忘れる人が多いので余裕をもって申し込みましょう)

解答発表:試験日の19時前後にIPAのWebサイトで公表される

合格発表:試験日のおよそ1か月後

午前試験:150分(9:30~12:00)

午後試験:150分(13:00~15:30)

午前試験と午後試験の両方で6割を超えれば合格です。ちなみに意外と試験が始まる時間は朝早く、起きるのがとても辛いです。(起床試験は最難関)

 


 

 

受験の動機

受験の動機は、大学生の夏休みがあまりにも暇すぎたからです。

夏休みに何もしなかったという風にはしたくなかったので、勉強をしようと思いました。

大学生の夏休み、遊びとバイト漬けにするのも否定はしませんがせっかくなので少しは勉強しましょう。

KCS部員には夏休みは勉強できるいい機会と思っている人が多く、本当に学習意欲が高まる環境でした。

 


 

 

勉強方法

自分が受験したのは、令和元年度秋期試験です。

8月くらいからちょっと真面目に本を読み始めました。

当然ですが、10月の受験日までモチベーションは保てませんでした。(9月とか何してたんだろう)

8月におすすめの参考書を紹介しているブログを頼りに参考書をメルカリで購入しました。(メルカリはいいぞ)

以下、午前試験、午後試験別に勉強方法を紹介していきます。

 


 

 

午前試験の勉強法

 

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成31/01年

 

午前試験はこの本1冊で大丈夫です。2,3周したら、ネットにある過去問道場の過去問(過去問道場)を解いてください。

自分は8月中にゆっくり1周読み、9月に2周目、10月に3周目を読みました。

3周読めば、大体の知識は頭にインプットされると思います。

実際に解いてアウトプットしないと、参考書を読んでいるだけでは限界があるので、9月にキタミ式と同時並行で、過去問を解き始めました。

過去問道場で試験2週間前までに1300問ほど解きました。

直前期は、ある程度解けるようになったので過去問には全く手を付けませんでした。

 


 

 

令和元年秋期試験の午前試験の感想

実はマネジメント系は真面目に勉強しませんでした。

キタミ式を読んでいるときに、覚えても意味のないものだろうと感じてしまった途端に、やる気が無くなってしまったからです。

自分は試験直前に不安になってしまったので、なるべく苦手分野をなくした状態で挑むのをおすすめします。

 

試験中は、1時間くらいで退出する人が大量にいました。

ちなみに自分の前に座っていた人は午前・午後試験とも90分ほどで退出していましたが、不合格でした。

他人のことは気にせず試験に集中しましょう。

 

午前の得点は71.25点でした。(弱い)

 


 

 

午後試験の勉強法

この試験の合否は午後試験で分かれると言われています。

自分もそう思います。

とりあえず試験に向けてキタミ式を読んでおこうと思っていると、いつの間にか試験日になっていて午後試験の対策を全くしていないという状況になってしまいます。

いかに早く午前試験の勉強を終え、午後試験の勉強に取り掛かれるかが合否の分かれ目です。

 


 

 

午後試験の選択分野

配点が高いので、きちんと勉強しましょう。

令和元年秋期試験までは配点が20点でしたが、次からはアルゴリズムと合わせて50点ということなので、選択分野はおそらく25点配点となるでしょう。

 

 

1.表計算

個人的にプログラミングをやったことがない人には表計算をお勧めします。

自分はこの選択で2週間程悩みました。最初は、これから使おうと思っていたJavaを選択しようとしていました。

本も2冊持っていて3/4くらいは読んでいました。

しかし、基本情報のJavaの問題の難易度は他の分野に対してなぜか相対的に難しくなっています。

過去問を解かずに参考書を読んでいた自分は、Javaが試験に選ばない方が良い選択言語であることを、午後試験の過去問を解き始めた2週間前に気づきました。

早めに過去問を解いてから選択分野を決めた方がいいです。

 

改訂4版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (情報処理技術者試験)

 

試験日の2週間前にこの参考書を購入しました。

表計算は他の選択分野と比較して、覚えることがとても少ないです。絶対参照と相対参照さえ分かっていればおそらく大体理解できるという状態にはなるでしょう。(多分)

あまり勉強しませんでしたが、本番は大体合ってたので圧倒的に簡単だと思います。(Javaと比較して)

しかし、問題文が長く、ページをまたがって表を行き来しなければならないのでいらいらする可能性があります。

 

 

2.Java

選択はしませんでしたが、読んでいたJavaの本を紹介しておきます。

 

改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 Java

 

試験に向けて一応読んでおこうと思って夏休みに読んでいました。

半分くらいで飽きたので放置しました。

 

 

スッキリわかるJava入門 第3版 (スッキリシリーズ) 

 

大学入学前の春休みに暇つぶしに読んでいました。

結構多くの人が読んでいる本です。

 

 

3.アセンブラ

実はアセンブラの問題は簡単という情報をいくつか見たことがあるので、選択肢としてはありだと思います。

試験日の2週間前からアセンブラの勉強をする気にはならなかったので、悲しいですが諦めました。

 

 

4.C言語

興味がないのでパス(いつかやる)

 

 

5.Python

令和2年度春期試験からPythonが加わりました。(やったね~~、羨ましい)

令和元年秋期試験まではCOBOLがありましたが、今回から消えます。

本当になぜ選択肢にCOBOLが今まであったのか理解できませんでした。(好きな人がいたらごめんなさい)

 

 

余談:言語関連の参考書を選ぶにあたって

個人的に、Javaに限らず、言語の参考書は、分かりやすさより読破できるかを重視した方が良いと思います。

背伸びして詳しそうだったり難しそうな本を選ぶのは良くないです。

(自分は難しそうな本に手を出し、何度も読むのをやめたりしました)

 


 

 

午後試験のアルゴリズム

 

うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] 2020年版 福嶋先生の集中ゼミ

 

この本を3章まで2周しました。

個人的にはアルゴリズムが午後試験で一番厄介でした。

令和元年秋期試験から配点がおそらく25点になります。(以前までは20点)

配点も高くなるので早めの対策が必要です。

 


 

 

午後試験の過去問演習について

 

令和02年【春期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集

 

これを使って4回分演習しました。

午前試験は量をこなせば点数が取れるようになりますが、午後試験は質を高めていくべきです。

どういう解き方で解いていくのかを確認しながら、同じ問題を何周もして、理解を深めていくのが良いと思います。

午後試験の過去問は試験日1か月前には1回解いてみるといいと思います。(自分は2週間前に初めて解いて絶望していました。)

 


 

 

令和元年秋期試験の午後問題の感想

 

一番の敵はお昼ご飯の後の睡魔です。

MΦNSTERを持っていきまょう。

 

なぜか問1の情報セキュリティで詰まってしまい、苦しみました。

問1以外は解こうと思って落ち着いて解きました。

令和元年秋期試験の午後問題は、問1の情報セキュリティと問8のアルゴリズムの問題が難しかったという感じがしました。

それ以外は簡単だったと思います。

解けない設問が丸々一つあったとしても他の設問で正解すればいいという気持ちは大切です。

 

午後試験の得点は79.50点でした。(勉強しなかった割にはできたと思ってるがまだ弱い)


 

 

以上です。

勉強法なんて紹介してないじゃないかと思った方もいると思います。

そもそも受験にしろどんな研究にしろ人に紹介できる絶対の勉強法なんてものはありません。

自分に合った自分だけの勉強法を見つけてください。(何を偉そうに言っているんだ)

この記事を見てくださる人には、自主的に勉強しようとしているモチベーションの高い方が多いと思うので、少しでも励みになれば嬉しいです。

ここまで見てくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

レポートの書き方

NOKINOKI

目的


本塾理工学部2年生は通年、毎週、実験を行う。一部の学科では実験が半年で終了するなどという道聴塗説もあるが、これは全くの事実無根である。然して、我ら理工学部二年生にとって、実験レポートを書くという行為はもはや生活の一部である。偶の実験休みなどにいたっては、当たり前にあるものがなくってしまうのだから、体調を崩してしまうものも多いに違いない。もはや実験とそのレポートは呼吸と同義である。読者方々は、これから二年生になる方、絶賛理工学部二年生中の方はもちろんあるだろうし、私の記事を見、二年生の日々に懐古の情を抱く先輩方もいらっしゃるだろう。そんな方々に私のレポートの書き方を知ってもらいたく思い、この記事を書くことにする。それでは、わたしのレポートとともにある一週間を以下に示す。

方法


※私の学科の実験は火曜日の午後である。また、実験レポート提出締め切りは火曜日13:00 であるものとする。

火曜日

家に帰った。この日の朝まで13:00に提出したレポートを書いていたため、家についても何もやる気が起きず、気が付くと寝ていた。

水曜日

朝、7:00に起床した。前日、眠りについた時間が何時か思い出せないことに危機感を覚え、今週は計画的にレポートを書こうと決意した。家に帰り、実験書を手に取って意気込むも、明日提出の課題が終わっていないことに気が付いた。課題をした。レポートは書かなかった。

木曜日

昨晩やった課題は1限に提出であった。しかし、課題を遅くまでやったせいで、1限を絶起した。こんなことならレポートを書いておくんだったと後悔した。家に帰り、今晩こそレポートを書こうと決意した。この晩、なぜかtexshopではなくblenderを開いた———–

金曜日

アルバイトをした。

土曜日

13:00に起床した。何度も時計をさかさまから見ているのではないかと疑った。何度ひっくり返しても、時計の針は13:00を指していた。私は無心でパソコンの前に座った。

日曜日

昨日頑張ったこともあり、あとは結果と考察をまとめるだけになった。この時、心に謎の余裕が生まれ、まったく別のことをする。この日のレポートの進捗はゼロであった。

月曜日~火曜日

ひたすら焦った。講義が終わり、バイトをして帰ると21時半。ごはん、風呂、洗い物などして、時計を見ると23:00であった。

 

ひいひい言いながらレポートを作成し、26:00、実験結果を何とかまとめあげた。ここから考察に入ろうと、実は木曜日の講義終了後に図書館で借りていた参考文献になりそうな文献を読んでみるが、まったく選ぶ本が外れていたことが判明した。これ、やばくないか・・・と思いながら必死にネットで論文を検索した。何とか見つけた論文を流し読みするも、全く理解できず、涙目になった。

ふと耳を澄ますとカラスの鳴き声が聞こえた。おそるおそるカーテンを開けると、そこは夜とは思えない明るさであった。当たり前だ、朝である。やってしまったーと思いつつ、半分しかかけていない考察が映ったディスプレイを横目に、そして朝日を背に、コーヒーを一杯やった。何も終わっていないのに謎の達成感があった。

ここからラストスパートをかけた。考察がつらくなるほどひどい実験結果を出してしまった先週火曜日の自分に悪態をつきながら、その後も筆を走らせ、紆余曲折を経て、最後まで考察を書ききり、提出日の7:00、レポートが完成した。

結果

再レポを回避した。

考察

朝日を背に受けて飲むコーヒーはうまい。上記の方法でレポートを作成すると、その後N週間、この方法をループしてしまうと考えられる。

 

注意

このレポートはフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

NN

この記事はKCS AdventCalendar 10日目の記事です.

前書き

昨今,AIというものが非常に盛り上がりを見せていますね.例えば,AIが曲を自動で生成したり,自然な人間な顔を生成したりすることができます.このAIというものはどのような方法で曲を作ったり画像を生成したりできるのでしょうか.ここでは,その方法をすべて説明することはできないので,その基礎となるニューラルネットワークというものを数式なしで雑に説明しようと思います.(本当は数式ありのほうがわかりやすいと思うのですが,諸事情で数式がなくなりました)

 

ニューラルネットワークとは?

ニューラルネットワークは一体何をしているのでしょうか.これは,一言でいえば目的となるデータに関数を近似することをしています.(詳しくは後述)これだけでは機械学習の線形回帰などと何ら変わらないのですが,ニューラルネットワークの特徴として非線形変換を何度も繰り返して関数の表現能力を高めていることがあげられます.重回帰と比較すると,入力データに対して

非線形か線形変換をしてから「重み」をかけて線形に和をとります.しかし,ニューラルネットワークではこの和をとって非線形変換をおこなった値を新たなデータとして同じことを何回も繰り返します.この和と非線形変換をとる回数がそのニューラルネットワークの「」の数となります.

以下の図を見て下さい.

7259d68d4aa0fc9d6250b5b73ae4cafc

 

これは簡単な3層ニューラルネットワークの図です.図では青が入力データ,赤が線形和に非線形変換をした新たなデータを表しています.矢印はデータに重みをかけることを表しています.それぞれの重みがかけられたデータの和をとって非線形変換されます.ここで作られたデータは隠れ層とよばれここのデータ数によってニューラルネットワークの表現能力が変わります.最後に出力された緑のデータは,ニューラルネットワークのタスクの種類によって変わります.例えば,0~9の文字を分類するタスクであれば最後にソフトマックス関数という非線形関数によって10個のデータを出力させます.そうして得られた出力と用意した目的のデータとの損失を計算します.その損失情報をもとに「重み」を更新していくことでデータに関数を最適化していきます.以下にこれまでのニューラルネットワークの流れをまとめます.

 

  1. 入力データ,目的とするデータを用意する.
  2. 入力データ(or 新たなデータ)に重みをかけて線形に和をとる.
  3. その線形和に非線形変換をとり新たなデータを作る.
  4. 2~3を一定回数繰り返す.
  5. 最終的に出力された値と目的データとの損失を計算する.
  6. その損失をもとに重みを更新させる.

ここからは,6の方法が特徴的なので具体的に見ていくことにします.

 

重みの損失情報(勾配情報)をどう渡すか?

ニューラルネットワークでは,勾配法という手法を用います.これは,簡単に言えば微分して得られた勾配にある定数をかけた分だけ,変数を更新するという方法です.ある定数は学習率と呼ばれたりします.

ニューラルネットワークの場合は,出力した値をそれぞれの重みで偏微分することになります.勾配は出力した値から得られるため,勾配情報は先ほどの図で言えば右から伝わることになります.そのため,この更新方法は誤差逆伝播法と呼ばれます.

 

おわりに

今回は,数式なしでニューラルネットワークを解説してみたのですが,かえってわかりにくくなってしまいましたね.個人的な好みなのですが,ニューラルネットワークをベイズ的に取り扱う,つまり各パラメータを確率変数として計算していく見方が好きです.皆さんもベイズに入門して計算してみてください.

 

 

 

 

9日目 11日目

openGL触ってみた

この記事は、KCS AdventCalendar2019 8日目の記事です。

←7日目 | 9日目→

こんちには、KCS命燃やす担当の8u+4です。この一年を振り返ってみると、自分でも意外なほどに命を燃やしていて驚いています。今回は、今年の4月から少しずつ勉強を進めているopenGL関連について話そうと思います。

よわよわなので間違たことを書くかもしれません。許してください)

ていうか今回皆めっちゃ書いてない?やばない?

ところでこの子可愛くないですか?「私に天使が舞い降りた!」の白咲花ちゃんっていうんですけど)

openGLとは?

一言で言えば、OSに依存しないグラフィックス・インターフェイスです。

openGLはグラフィックスハードウェアを制御するための基本的な機能しか持っていません。そのため、何かを描画したいときにはCGの理論の知識も必要になります。同じようなモノとしてDirectXがあるのですが、こいつはWindowsでしか動かないため他のOSでは動かすことができません。

CGの理論を勉強するのには少々手間がかかるため、実際のアプリ・ゲーム開発ではUnityやDxLibのような、それらが既に実装されているミドルウェアが用いられます。

実際にopenGLを扱うとしてもOS毎にお膳立てが必要なため、QtやGLUT、GLFWといったツールキットを扱う方が効率的です。

僕はCGの理論を学びたかったり、Blenderで作ったものを自分で作ったアプリで表示出来たら面白いなと思って、GLFWとC++を使いながら勉強を始めました。

参考になったサイト

  • 描画の手順
    このサイトがわかりやすく説明しているのでおすすめです。

  • チュートリアル
    このサイトこのサイトのコードは比較的新しいので参考になりました。

  • チュートリアル以降
    ここからは英語のサイトの方がわかりやすいです。このサイトリファレンスがおすすめです。

  • 癒し
    疲れた?なら休んでアニメでも見ようじゃないか。Dアニメストアとかで見れるのでぜひ見ましょう。 http://watatentv.com/

何が難しいの?

個人的に最初の内に苦しんだ点をいくつかあげます。

  • 資料が少ない!
    openGLはそもそも理論の勉強の手間等から手を出す人が少ないため資料がただでさえ少ないです。加えて、発展した内容になればなるほど資料は更に少なくなります。また、バージョンが上げることに仕様や機能が変わってきているので古い記事はあまり参考になりませんし、使用している言語・ツールキットによっても参考にならないことがあります。

  • 環境構築きつい
    まずそもそも環境構築がとてもきついです。僕の場合、Visual Studio特有の糞もあいまって更にきつかったです。また、こいつも資料が少なく、自分と同じ条件で環境構築している記事を探すのはかなりきついと思います…。

  • 英語
    資料が少ない時に最も頼れるのが公式のリファレンスです。しかし、リファレンスは英語で書かれているため読むのに時間がかかります。また、扱う内容が発展していくにつれ英語の記事しか参考にならなくなっていきます…。

  • バグの原因がわからない!
    openGLではGPU上でGLSLという言語を使って演算・描画します。こいつが曲者で、デバッグモードで実行していてもGPU上のエラーでは止まらないため、直接的なバグの原因を探るのが難しいです。幸い、どんなエラーがバグの原因かを探ることはできます(エラー検出用のプログラムを書く必要がある)が、そこからは自分で特定しなければいけません。

  • 座標系
    座標系自体は簡単ですがBlenderと座標系が異なるので、データを渡すときに少し手間取りました。

なんか暗い話ばかりしてきましたが、やりたいことができた時の達成感はとてもあります。コードの整理(自分ができてるとは言っていない)やバグ探し、英語のいい勉強になるので辛くはないです。

やってきたこと

自分のやってきたことです。一部画質悪かったり、なかったりしますが許してください。

4月 Hello World~座標変換

三角形の表示(openGLにおけるHello World)からVertex Shader・Fragment Shdaerの扱い、3D描画、簡単な座標変換の勉強をしていました。

Imgur

5月 objデータの取り込み~ユーザー入力

Texture Mapping、Blenderで作成したお猿さんをobj形式で出力して表示をしていました。

Imgur

Imgur

6月 KCSちゃん描画!

先輩の作ったKCSちゃんをobj形式で出力して表示をしていました。かわいい
お猿さんと違ってパーツごとにobjやtextureが分かれていたので少し難しかったです。

Imgur

7月 テスト勉強

はい

8月 ボーンの実装、スクショ機能実装

これはopenGLというよりCGの理論ですが、後にやろうとしていることのためにBoneの仕組みを実装してみました。

9-11月 矢上・三田祭

命を燃やせ!!!(openGL関係ないです)

Imgur

12月 Transform FeedBack~

Transform FeedBackという、openGLの機能の一つである、GPUをGPGPUとして扱う機能を使えるようにしました。今は、Blenderからアニメーションを取り込む勉強をしています。

Image from Gyazo

Image from Gyazo

これから

色々ときつい部分の多いopenGLですけど、やってみると結構面白いです。まあ、他のやりたい人がいたらおすすめはしないです()。まだまだopenGLについて学びたいことは沢山ありますし、openCVとの連携とかもやってみたいなと思っています。がんばるぞい!

では~

←7日目 | 9日目→

楽器を始めよう

この記事は、KCS AdventCalendar2019 9日目の記事です。

←8日目 10日目→

こんにちは。(最近Rinjuくんの専属ギターリストになった)kcsAI班のbesshyです。AI班に所属している訳なんですが、全く関係のない音楽系の記事を書きます。(技術系の記事を期待していた人がいたらごめんなさい)

 

この記事を書くことになった経緯

弊サークルでは◯anG ◯reamガ◯パが流行っていて、音ゲーのSlackチャンネルがあったり(先日ワークスペース化しましたね)、オタクたちが楽器を購入してスタジオに行ったりしました。(クラス#roselia)一応高校時代に実際にバンドを組んで活動をしていたこともあって、軽音系の楽器については一通り触ったことがあるので、楽器を最近始めた人、始めたいと思っている人に向けて記事を書きます。(ちなみに高校時代は「The Blanc Donuts」という名前のバンドを組んで高校の文化祭に出たりしていました。)

 

音楽理論、コード進行等を知らなくても曲を弾くことに関してはさほど問題ではない

作曲をする場合は別として、特に音楽理論を知らなくても楽器を始めることができます。キーボードをのぞいてドレミが読めなくても市販のバンドストアは読めるようになっています。なので「でも音楽って理論が難しくて敷居が高そう」と思っている人は安心してください。一曲800円楽譜を手に入れられる財力を持っていれば誰でも好きな曲を奏でることができます。(自分もドレミの対応表がないとろくに楽譜が読めません笑。)何かの曲をコピーする程度の段階では演奏者にとっては音楽理論はあってもなくても特に変わりはないです。(あくまで自論です。当の本人は今音楽理論をやりたくて仕方がないわけなんですが……)

 

KCSでDTMをやっている人たちへ

KCSで作曲活動をやっている人はソフトを使って楽譜を作って作曲活動を行っていると思いますが、もし時間があったら楽器を初めて見るのもいいと思います。はっきり言って楽器をやっているのとやっていないのでは見える世界が違います。KCSでは学校の勉強とインターンを行って実務を経験している人は多いですが、学校の勉強と実務経験の間にはある程度の乖離があると感じている人も多いと思います。 個人的な感覚としてはこれが近くて、音楽理論を勉強して作曲しているだけでは、実際にバンド等で演奏する曲のニュアンスを掴み切ることは難しいのではないかと思います。(例えばギターに特有の技によるニュアンスの付け方、特有のベースライン等)実際、ギターの打ち込みはとても困難で、泣く泣くギターが入ってない曲を作曲することになったという話も聞いています。作曲できるという能力は、バンド界隈ではかなり貴重な人材でもあるので、ぜひ始めてみるといいと思います。(個人の感想です)

 

注意

自分は音楽をトップダウンでやっている人間なので音楽理論に関しては全くの初心者です。理論的なことも多少話しますが間違いがあるかもしれないので話半分で読んでください。(ボトムアップで理論をしっかりと勉強している音楽班の皆さん、ごめんなさい)

 

予算について

bookoffで2万円以下で揃えたという事例もありましたが、楽器店とかに行くと楽器店の人がスタートセットをおすすめしてくるので、特にこれが欲しいという意志がない状態で楽器を買いに行く場合は7万円〜10万円くらいを想定しておきましょう(ちょっと高いですが)

 

Vocal

「マイクだって楽器だ」と指摘されてしまうと困るので一応書いておきます。自分は歌が下手なので何も言えませんが、最近はボイトレをしてくれるミュージックスクールが多く、誰でもある程度はうまくなれるみたいです。費用的にも必要なタイミングでマイクを買えばいいと思うのでバンドの中では一番初期費用が少ないと思います。またギター、ベースの人はギターボーカル、ベースボーカル等があったり、ボーカルが2人いない場合はハモりを頼まれたりするのでボーカル以外のパートも軽く練習しておいたほうがいいかもしれません。

カラオケでの歌のうまさと実際の歌唱力は全くの別物という考え方が一般的です。(実際の歌は人が聞くのに対してカラオケは機械が採点するのでそれはそう。)本物の歌唱力を手に入れたい人はカラオケではなくミュージックスクールに行きましょう。知人曰くまずは発声練習から始まるそうです。また自分の声の特徴を理解したり表現力を向上させたり、日々の腹筋等の筋トレ、呼吸法が大事だそうです。またこのパートのみ体の一部から音を発声することもあり、喉のケアや体調管理はめっちゃ気を使っていました。

 

Guiter(エレキ)

必要なもの

ギター、アンプ、シールド、ピック、チューナー、(エフェクター)

ギターと言えば、「コード弾き」というイメージが大半だと思いますが実際最初に身に着けるものは「パワーコード」というものです。パワーコードは、あるコードを弾くときにそのコードのルートの音(基準となる音)と5度の音を押さえる奏法のことです。音楽理論に深く踏み込めませんが、5度の音はルートの音からギターのボディ側に2フレット分ずらしたものになります。

iOS の画像 (2)

ざっくり言ってしまえば、一般的に言われているコードは たくさんの指を抑えるようになっていますが、実際は大事な音を2〜3音しか使っていません。なので自分はコードが読めません。(C,Eくらいはわかりますが。)高校の音楽の授業でギターをやったことがある人は「Fコードを押さえるのが難しい」という印象があると思いますが、そもそも実際のエレキギターではそもそもFコード全部を押さえるということがあまりないので特に問題になりません。あまりよくはないかもしれません(というか良くない)がコードの知識がなくてもギターを弾くことができます。

iOS の画像 (3)iOS の画像 (4)

逆に問題になるのは鳴らしてない弦をミュート(消音)することです。エレキギターはある弦を鳴らすとその振動によって押さえていない弦がなってしまうという現象が起こります。これを防ぐために弦を押さえている方の指を使ってうまくミュートしてあげないといけません。ギターを始めた人が部内で地味に多いので言っておくと、これが最初の挫折ポイントと言ってもいいと思います。パワーコードの場合は以下の図のようにして鳴らしていない弦をミュートしましょう。

iOS の画像 (5)

ちなみにこのパワーコードやFコードといったコードを指で素早く抑えられるようになるのに本当に時間がかかると思います。自分のギターの先生は「1年くらい通っている生徒さんになってこないと綺麗にポジションチェンジしてコードが弾けていない」といっていました。(もちろん大切なのは練習量なので練習の質と時間を担保すれば1ヵ月ですごくうまくなる人もいます。)ピアノとかは「猫が踏んでも綺麗な音が出る」とよくいって音を出すこと自体は簡単な楽器です(よく小さい頃にピアノをやっている人が多いのはそういう理由なのかもしれません。)が、ギターは逆で決められた音を出すことがとても難しい楽器です。それに加えて上手い人は結構涼しげな顔でギターを弾いているので、「自分にも以外できるのでは?」と思ってギターを買ったのは良いものの、いざ手にとってみれば「なんだこれ。音出ないやん。だる。めんどくさくなってきたw。」となってギターをやめてしまうケースが多いみたいです。初めて最初の頃はギターがつまらなくなることもあると思いますが、まずは継続することを第一目標にしましょう。(そのためにレッスンに通うのがいいと思うのですが….)

またギターにはとても多くの技が存在しています。代表的なものだけ名前をあげても以下のようにとても多いです。

パワーコード、オクターブ奏法、ブリッジミュート、ハンマリング、プリング、カッティング、ピッキングハーモニクス、アルペジオ、スウィープ、タッピング、ピックスクラッチ、トリル、チョーキング、ビブラート ……..

実際のエレキギターの演奏ではこれらの技を組み合わせて曲を弾きます。バカ真面目に「このコードはCで次はGで….」みたいなことはしていません。(アドリブを行うときはそういうコード進行や音楽理論が必要になりますが)

またこれらの技も楽譜で少し特殊な記載方法をしているので、作曲をしている人からこれらの記号について質問されることはよくあります。これらの技はフレーズのニュアンスを決め、奏法に関しては曲全体のニュアンスを決めたりするので、余裕があればギターをやらない人も覚えるのが良いと思います。

 

エフェクター(おまけ)

しばらくギターをやっているとエフェクターと音作りという沼が登場します。スタジオや実際のライブに出る場合、直アンだと心もとなくなる(というかつまらなく)なります。なんとなく使ってみたいとか、エフェクターボードの構成が決まってない人はマルチエフェクターとかがおすすめです。デイストーションをかけて歪んだ(ひずんだ)音がでるととても幸せな気分になれますが、普段の練習から使っているとギターがうまくなったと錯覚してしまうので、普段は直アンで運指等の基礎練に勤しみましょう

 

おすすめ基礎練習

基礎的な練習として「運指」の練習があります。はっきり言ってつまらないと思いますが、本当にうまくなりたい人はこの練習を毎日やりましょう。youtubeでみれる練習としては以下のようなものがあると思います。また教則本を買ってみるのも悪くないと思います。

 

 

また右手強化の練習も大事なので運指の練習とセットで行いましょう。

 

おすすめの曲

もちろん曲も弾いてみたいですよね。個人的におすすめな曲はこんな感じです。

『弱虫モンブラン』

THE 初心者曲です。4つのパワーコードしか出てきません。(ちなみに僕はこれからはじめました。)これはギター以外のパートもめっちゃ簡単な神曲なので、初心者バンドさんにも本当におすすめです。

 

これよりも難易度は結構高くなりますが(部内で今流行りの)roseliaの「Brack Shout」も簡単なほうだとは思います。

ちなみにアニソンギター最高難度には「God knows」や「Lost my music」があります。(後者に関しては一生弾ける気がしません)

(ちなみにこれらの原曲音源は著作者(レコード会社等)から現時点で使用許諾を受けてyoutube上で投稿されているものであるため違法ではありません(後述))

Bass

必要なもの

ベース、アンプ、シールド、(ピック)、チューナー、(エフェクター)

ベースには大きく分けて指弾きとピック弾きがあります。ピック弾きでとても有名なベーシストもいますが、指ならではの独特な響きやスラップ等のベース特有の技に指弾きが適している等の理由からほとんどのプレイヤーは指弾き(大体全体の8〜9割)です。ギターから転向した人はピック弾きをすることが多いですがベースしかやらないのであれば指弾きを選んだ方が無難でしょう。またよくネットで「ギターをやっている人はベースはできるのか」、「逆はあるのか」という議論が巻き起こっていますが、はっきりいうと「ギターがある程度できて入ればベースも弾けてしまいます」。しかしギターを弾く人のベースは特に意識をしていなければどこまで行っても「ギターリストのベース」です。(自分も実際に指摘されたことがあるので。)ベーシストらしいベースプレイを目指すのであればベースを実際に手に持ってある程度の期間の修練をすることが必要だと思います。また、ベースは一音一音の重みがギターと全然違います。ベースはドラムと合わせてリズム隊と呼ばれていてバントのいわば核のようなパートなので音の正確さやリズム感を意識して練習することが大事だと思います。(最近とある研究でバンドの中で一番重要なパートがベースであると証明されたそうです。また生音が一番かっこいいのはベースということも言われています。)メトロノームを用意して拍の頭を意識しながら練習しましょう。

 

おすすめ基礎練習

ベースもギター同様「運指」の練習が基本です。特にベースはコード弾きが存在しない代わりにベースラインによっては単音弾きで指板上を忙しく移動することが多いので特にこの練習は重要です。

 

スラップ奏法が気になるという人はこれも参考になると思います。(自分はスラップできないので偉そうなこと言えませんが…..)

 

おすすめ曲

「stand by me」は誰もが知る名曲+ベースが中心で簡単な曲なのでおすすめです。また米津玄師さんの「Lemon」もとても簡単なのでおすすめです。

ベースの高難度曲で有名なのはやはり「脳漿炸裂ガール」ではないでしょうか。(よくyoutubeでもネタにされて変態ベーシストたちがこれを弾き続ける耐久配信をしていますし。)個人的には「残念系隣人部星二つ半(はがない)」もスラップ多めでおしゃれなので好きです。(ドラムもリズムがとてもおしゃれです。THE リズム隊といったアニソンは意外と珍しいですよね)

 

 

 

Drum

必要なもの スティック、(練習パット)

家などにスペースがある人は電子ドラムセットを買うことがおすすめですがなかなかそういう環境を手に入れるのは難しいと思うのでまずはスティックと練習パットを買いましょう。どちらも5000円以内で買うことができます。また今はどこのスタジオでも個人練習ができて本物のドラムセットで練習することができるので少しお金がかかりますが行ってみるといいと思います。初めてスタジオを使う場合でもスタジオの人が親身に対応してくれて嬉しいです。

ドラムはレッスンに通ってたりすると基本的に8ビートから始める場合がやはり多いようです。(元も子もないような話ですが4ビートと8ビートができるとその曲の簡単バージョンと称してなんとなくいろんな曲を叩いてしまえるからという理由だからだそうです。)余談ですが、上手い人の話を聞いているとステイックの持ち方で一般的に正しいと言われている持ち方はあるものの、結構彼らも最初は持ち方が適当で、速い曲や難しい曲に取り組んでいるうちに正しい持ち方に近くなっていった、手が痛くなったので痛くない+早く叩ける持ち方を模索した結果今のものになったという話が多くて驚きました。(もちろん正しい持ち方を知っていた方がいいに越したことはありませんが。)

おすすめ基礎練習

ドラムにも色々な叩き方があります。

4,8,16ビート、シングル、ダブルストローク、各種フィルイン、ハイハットオープン、パラディドル、レガート、ゴーストノート、タム回し、アップダウン奏法…..

中でも一番基本的な練習は「チェンジアップ」です。(自分はドラム専門ではないですが流石にこれは毎日やっています。)

このシリーズはPart05くらいまであるので練習パットを使った毎日の基礎練となりそうなのはこんなところでしょうか。(他にもいいものがあれば教えてください)

他にもikewakidrumさんのレッスン動画もとても親切で素晴らしいのでおすすめです。よくお世話になっています。

https://www.youtube.com/channel/UCn3nsE-vIDHhfwHjS-gUhfg

 

おすすめの曲

簡単な8ビートの練習ができる曲は奥田民生さんの「野ばら」です。レッスン動画もあるのでおすすめです

 

 

高難度ドラム曲(アニソン)は、roseliaのfire birdや「GATEⅡ〜世界を超えて〜」でしょうか。

KeyBoard

これに関しては本当に初心者なので、ピアノが上手い人に聞いてください。(高校時代クラスの3分の1は経験者だったので、世間一般的にそのような分布をしていると勝手に思っています。)この前部室にあるキーボードを触ってとても楽しくてやってみたいなと思ったりしたのでキーボード、ピアノがお上手な方はぜひ教えてください。

 

素人目線でですがアニソンだと「this game」や「Ringing Bloom」とかを弾けたら格好良さそうですよね。

 

(なおこの動画に関して、原曲音源が使われていますが、この動画はレコード会社からの音源使用許諾を現時点で得ているものであるため後述するJASRACの規約に基づきリンクとして載せても問題はないと判断した上で掲載しました)

 

TAB譜について

ギターとベース専用の楽譜のことをTAB譜と言います。皆さんに馴染みのある楽譜は、五線譜と呼ばれる楽譜だと思いますがこのTAB譜は、ギターやベースの指板を図にしたような楽譜で、数字がフレット数、横線が弦に対応しています。なので少し見方に慣れれば五線譜よりも簡単に楽譜を読むことができます。

iOS の画像 (7)iOS の画像 (6)

 

しかし注意しなければならないことに、市販で売られているバンドスコアに収録されているTAB譜は「間違いではない間違い」が多く存在しています。こういうTAB譜は耳コピできる人がDTMで使うようなソフトを使って楽譜を打ち込んでいますが、大抵の人は楽器をやっていないためおかしな音配置をしてしまっている場合がとても多いです。ギターやベースの指版上では同じ音が複数箇所で鳴らせる構造をしているため、実際には指で移動することが物理的に不可能に近い位置の音が楽譜上で指定されていることがほとんどです(どの曲でも一箇所はそういう箇所があるイメージ)。これによって主に初心者が「こんなの弾けないよ」挫折してしまうケースが多いです(市販のバンドストアはクソ)。このことを頭にできるだけとどめておいて、実際に楽器を弾く人は「TAB譜を信じすぎないで押さえやすいポジションを探す」、楽譜を作る人は実際に楽器に触れたことがなくても、「あまり物理的に不可能に思われそうなものを書かない」ことを意識すべきです。

 

個人的な意見

部内で楽器を始めた人でミュージックスクールに行ってレッスンを受け始めたという人の話を聞きません。みなさん独学でやっていらっしゃると思うんですが、僕は楽器をやるならちゃんとした楽器のプロにレッスンをつけてもらった方がいいと思います。ここには書ききれないほど初心者が独学するとはまってしまうポイントがいくつもあってそれが長期的な成長を阻害してしまいます。(特に各楽器の持ち方や、構え方、姿勢、弦楽器ならオルタネイトピッキングやミュートなどなど。)勉強ならただ本と紙とペンを持ってペンの握り方さえ知っていれば独学でも脳にインプットすることができますが、楽器(あとスポーツとかも)はそうは行かないと思うので、他人(しかもその道のプロ)に自分の演奏を客観的に見てもらえる環境を構築しましょう。

 

著作権について

スクリーンショット 2019-12-08 18.21.20

上記画像はJASRAC公式ホームページからの引用です。今回リンクとして貼った動画は全てこれらの要件を満たしています。もし何か間違えて著作権法に触れてしまっている可能性がある場合はこの記事の著者までご一報お願いします。

最後に

趣味として始める程度ならいつ楽器をはじめても遅すぎることはないと思うので、音楽に興味のある人は実際に楽器を手にとってはじめて見るといいと思います。(この記事が参考になれば幸いです。)

p.s.  Rinjuくん、今度レコーディングを体験しに行きましょう。

 

 

パソコンに入っていてよかったもの

これはKCS AdventCalendar2019 7日目の記事です。

←6日目 8日目→

こんにちは。シュウ酸(@ethanedi0icAcid)です。慶應義塾大学理工学部の1年生です。

約一年間大学生をした上で、パソコンに入っていてよかったものを解説します。

私が今使っているパソコンはMacBook Air 13-inch,メモリ8GBストレージ128GBです。またiPhone6を所持しています。

ソフトウェアを入れたり設定を変更したりしてパソコンを使いやすくすることをこの記事では環境整備と呼ぶことにします。

 

はじめに

はじめに言ってしまいますが、環境整備は入学してからでも遅くないと思います。ちゃんとガイダンスに出たり授業に出たりすれば、ちゃんと必要なものを教えていただけます。また、「一応○○入れたんだけど、△△って必要だと思う?」というように、隣の人に話しかけるきっかけになります。もしあなたが本当に慶應の新入生であるのなら、あなたがパソコンの環境構築としてまず一番にすべきことは友達を作ることです。友達大事。そして第二にすべきことは大学のガイダンス・授業にきちんと出ることです。ちなみに、ガイダンスに参加する文化がある友達を作りましょう。「ガイダンス行かんでいいっしょww」という人は少なくともはじめのうちは避けておきましょう。そんな人はめったにいないと思いますが。

話が逸れました。

 

そもそもパソコンは必要なのか

パソコン(パーソナルコンピュータ)には2種類あります。デスクトップ(専用の机に設置する、頻繁な移動が困難なもの)とラップトップ(ディスプレイとキーボードを備えた、移動が容易なもの)です。

慶應義塾大学の場合、パソコンがなくても、どうにかなります。ソフトウェア・周辺機器がそれなりに揃った、慶應の学生なら使えるコンピュータがそこらじゅうにあるからです。ただし使用できる時間に制限がある(深夜・日曜は使えない)ので、課題をこれらのコンピュータだけで終わらせたいのであれば周到な計画と強靭な意志が必要だと思います。

もし、一年間だけでも慶應のパソコンだけを使って生活できたなら、自慢していいと思います。

また、最大七泊八日でラップトップが借りられます。

デスクトップ・ラップトップ両方あるに越したことはありませんが、もしどちらかしか用意できないと言われたら、私ならラップトップにします。(もしどラ)理由は、ラップトップで十分だからです。あ、生協のパソコンは高いと言われていますが壊しまくる前提でいけばお得だそうです(出典は自分で探してください)。

 

 

入っていてよかったもの 

Anaconda

大嫌いですがpythonを動かしてくれているので消せません。ダウンロード方法、使用方法ともに詳しいことは分からないのでご自分で調べてください。jupyter notebook やVisual Studio Codeなどの使いやすいものがついてくるのでpythonが使いたければ入れておきましょう。全ての機能を使う必要はないです。

Blender

無料3DCGソフトです。カワウソカステラを作ったりしていました。最近のアップデートでUIがちょっと優しくなりました。これ以上優しくはならないと思います。始めるなら今です。

Google Chrome

「俺は!FireFox で!生きていくんだ!!」とか「DuckDuckGoだーいすき」というようなこだわりがないのであれば、入れましょう。Word, PowerPointなしの生活は想像できますがChromeがない生活は想像できません。

ESET Cyber Security Pro

慶應のライセンスで導入しました。MacOSはウイルスが存在しないという噂がありますが別にそんなことはないと思います。でもこれがあれば、身元の信頼できないUSBを自分のパソコンに挿すときでも、精神的安定を保てます。噂がほんとうであると仮定しても、友達にUSB経由でデータを渡すときに信頼関係を壊す要因を一つ減らすことができます。

LINE

ラインをパソコンにも入れるとQOLが上がります。初めて使うときにスマートフォンが必要なので、「スマホなくした!ライン使いたい!」という場合に備えて予め設定しておきましょう。

Microsoft Word, PowerPoint

Microsoftのソフトは慶應に入れば無料で使えます。(Office 365)これで問題ないと思いますが、私は高校の時に買ってもらった2016年のライセンスを使っています。使用頻度が一番高いのはWord、次がPowerPointです。とくにWordは課題の提出には欠かせません。使える人は全く気づかないと思いますが、基本的操作(書類、スライドを作ること)ができる前提ですすむ授業があることがあります。ほんとうにつかったことのないひと(目安:ファイルの保存方法が分からない)は一通りの操作をできるor調べられるようにしましょう。参考になるかもしれないページ→https://www.hc.itc.keio.ac.jp/ja/it_utilization.html 慶應のライセンスを使う場合、インストール方法についてはITCのページを見てください。

Slack

便利です。すごく便利です。でも使うかどうかはサークルによると思います。

Visual Studio Code

UIが自分にあっていて使いやすいです。テキストエディットでは開けない様々なファイルを開けます。私はpythonを書くのに使っていますが、単にファイルを開くためだけに入れておいても損はないと思います。

Xcode(macの場合)

詳しくはよくわかっていないので説明できないのですが、C言語やSwiftをどうこうしたい人はインストールしましょう。あったほうがいいと思います。なんか(他のソフトではひらけない何か)があったときにピャーーンと助けてくれます。かなりストレージを食うので、パソコンに余裕があるうちに入れるとよいと思います。詳しいことはググってください。AppleStoreから無料でダウンロードできます。

 

 

なくてもよかったかもしれないもの(使用はしているもの)

Microsoft OneNote

これを使って日記を書いていました。かなり素直なUIで使いやすいです。文章を書くためのソフトはたくさんあるので、Evernoteとか、好きなものを使えばいいと思います。

Microsoft Excel

Excelは授業ではほとんど使いませんでした。ですが、全く使わない人もいる一方、私はかなり使ったので「なくてもいい」とは言いづらいです。

Fire Alpaca

無料お絵かきソフトです。Mac/Win 共に対応。今年は使わなかったです。

 

 

なくていいもの

Macにもともとインストールされている書類処理系ソフト

Keynoteなどです。使いやすさはMicrosoftの書類処理系ソフトとほぼ同等ですが、 ・Microsoft系のものと多少の互換性はあるが変換した際にズレが生じる・授業で要求される提出様式が「Wordで開けるもの」であることがあった・消してしまっても再ダウンロードがいつでもできるetc. に加えて、パソコンのストレージが不足したので私のパソコンからは消えました……

 

 

最後に

お役立ち情報で締めくくりたいと思います。

  • 自分のパソコンが10%あたり何分駆動できるのか、また満充電にどれくらいの時間がかかるのか測っておく

私のパソコンは11%で約1時間駆動できます。約100分で満充電できます。覚えておくといつか役に立ちます。

  • ペンケースとカバンにそれぞれ500円ずつ入れておこう

財布を忘れた時に助かります。(学食で、量り売りメニューを皿にとった後に財布がないことに気づいて大変焦った)試験に学生証を忘れた時には、500円持っていくと学生部で仮学生証を発行してもらえます。(これはやったことがないです)ともかく、いざというときに役に立つのは明らかです。

  • 試験時間割と、通常時間割は異なる

振鈴表を確認しましょう。間違えたままだと、運が良ければ時間前に着き、そこそこ運が良ければ遅刻で済み、運が悪いと試験が受けられなくなります。特に、春学期の中間にある物理Aの試験、また期末試験期間中の一番最初の試験には注意しましょう。私は物理Aの試験で時間を間違え、15分遅刻しました。結果はBでした。「あの試験はにんげんならAが取れる」と、友達が言っていました。

  • 過去問は本当に出る

私は過去問というものを信じない人間だったのですが、先生が同じ場合、過去問を解くことは試験問題を事前に見せてもらうのと同じくらいの効果があります。はじめてこの実態を目の当たりにしたときは、こんなことがあってよいのか、と恐れ慄きました。先輩・友人とのネットワークを駆使して過去問を手に入れると成績が楽に上がります(?)。過去問を公開している先生もいらっしゃいます。

  • 生協の保険は入らなくても別の保険があるので大丈夫

生協のパンフレットが入学前に届きますが、私は生協出資金(二万円)しか払ってないです……

  • アイコン用の画像を一つ持っておいて、パソコン・スマートフォンなどの機器にそれぞれ入れておこう

あると楽です。私は無かったので今困っています……

 

←6日目 8日目→

「Twinkle Stars」の修辞学的考察【後編】

←5日目 7日目→

この記事は、KCS AdventCalendar2019 6日目の記事です。

こんにちは。KCS音楽班のRinjuです。これは、3日目の記事「「Twinkle Stars」の修辞学的考察【前編】」の続きです。「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」の挿入歌および主題歌である「Twinkle Stars」(作詞:大森祥子さん、作曲・編曲:高木洋さん)を修辞学的に考察します。

日吉代表supercellくんが「心で」わかったことは何か? ということで前編が終わりました。そこから始めます。

前回にプラスして、題材曲を紹介します。

Twinkle Stars CD音源版(2番のみ)

前回の動画とは何が違うのでしょうか。

イントロ・アウトロの違いはありますが、最も重要な違いは、サビにあります。シンセサイザー音色のメロディが加わっているのがわかると思います。

なぜこの音色なのか? なぜこのメロディなのか? なぜこの調で歌われているのか?

その理由が物語の中に見出せるのが、この曲のすごいところであると思います。

3.もう一つの旋律に表現された物語

「Twinkle Stars」の歌詞ラスト、「We’re Twinkle Stars!!!!!!」には感嘆符「!」が6個あります。一方で、クレジットには「歌:キュアスター(CV:成瀬瑛美)、キュアミルキー(CV:小原好美)、キュアソレイユ(CV:安野希世乃)、キュアセレーネ(CV:小松未可子)、キュアコスモ(CV:上坂すみれ)」の5人の名前、そして実際に聞こえる人の声も5人分です。

映画を観れば答えは明白です。6人目は映画に登場するキャラクターのユーマです。元になったのは、シンセサイザー音色とTwinkle Stars作曲者の高木洋さんの声です[1]。

ユーマはプリキュアと異なるメロディを歌っています。そのメロディは、曲が進行するにつれて次第に高度なものになっていきます。この遷移を、物語との結びつきから精査します。

「ながれぼしのうた」は「Twinkle Stars」に内包されていますが、ここではあえて分けて表記することにします。

1)「ながれぼしのうた」(0:49~1:04)

ユーマがひかるとララの歌声に反応して、ニ長調(:D)で「ながれぼしのうた」を歌っています。これはひかると海辺で歌ったときの調と一致しています。

2)「Twinkle Stars」2番サビ(3:55~4:21)

サビ直前にララの眼前にユーマの顔と同じ緑色の音符が現れます。TV ED版にはありませんが、映画ではこのとき遠方に魚のようなユーマの姿があります。

サビメロの裏で、ユーマはト長調(:G)で「ながれぼしのうた」を歌っています。このとき明確にユーマはララたちを認識していると考えられます。なぜなら、ユーマの記憶にある「ながれぼしのうた」はハ長調(:C)またはニ長調(:D)でしか演奏されたことがないからです。移調して歌うことができたのは、ララたちの歌声がはっきり認識できたからだと思います。

ここで、ユーマは既存のメロディを移調し、作曲行為はしていないことに注意します。

3)「Twinkle Stars」2番後間奏(4:34~4:47)

同様に伴奏に合わせてト長調(:G)で歌っています。物語では、星の生まれ変わりが始まります。

4)「Twinkle Stars」Cメロ(4:57~5:08)

星の生まれ変わりをバックに、ララとひかるが歌っています(CD音源ではプリキュア全員が歌っている一方で、映画では二人だけが歌っています)。

このときのユーマのメロディは、主旋律に寄り添うオリジナルの対旋律(オブリガート)です。つまり合いの手です。他者の声を聴いてそれに合わせることができています。

ここでユーマは初めて作曲行為(メロディを自ら作ること)をしました。メロディに着目すると、それは順次進行だけで構成されていることがわかります。順次進行とは、音階をなぞるような、隣の音に移動するメロディの動きのことです。聴けばわかると思いますが、簡単なメロディです。

5)「Twinkle Stars」Dメロ以降(5:26~5:41、5:52~5:58)

ユーマが魚から種々の動物の姿をとってヒトへ…と変化しながら歌っています。

旋律は初め「ながれぼしのうた」、その後オリジナルのメロディです。しかも、順次進行に留まらず跳躍進行(隣の音を飛び越えたメロディの動き)、細かい音符を交えた難しい動きをさらりとやってのけています。この後の映像では、生まれ変わりを終えたユーマの星の姿が現れています。

最後は、プリキュアが「We’re Twinkle Stars!!!!!!」と歌うときに一緒に歌っています。「!」の数の通り6人歌唱です。

 

「Twinkle Stars」は星の生まれ変わりと共に歌われています。ユーマのメロディは物語の進行に合わせて次第に高度なものになっています。主旋律が物語のテーマと結びついたマクロ視点のメロディである一方で、ユーマのそれは物語の進行自体と結びついたミクロ視点のメロディであると言えます。

4.ループ再生について

「Twinkle Stars」には音が上に上がったように聴こえる転調しかありません。歌メロに限って言えば、:C→:D→:F→:Gと上に向かうのみです。これは聴き手の気持ちを高揚させる効果があると同時に、ユーマが宇宙へ去ってしまう物語を反映しているように感じられます。

ここで「Twinkle Stars」のアウトロの音を確認します(図1)。

Twinkle

図1 Twinkle Starsラストと冒頭「ながれぼしのうた」は滑らかに接続する

ストリングスメロが、「シ」で終わった感を出したあとに、何故かもう一音「ソ」を弾いて終わっています。1曲ループ再生にするとわかりますが、この音は「ながれぼしのうた」の最初の音とピッチが一致します。さらに、このときのコード(和音)に着目すると、最後のコードはG、最初のコードはCです。G→Cは最も基本的な「自然に進行できる」コード進行です。「Twinkle Stars」を歌い終えたあと、何の支障もなく「ながれぼしのうた」を歌い始めることができるようになっています。調性はどんどん離れていくのに、その実歌い終えたあとまた「ながれぼしのうた」を歌えることは、終盤の歌詞「さよならはさよならじゃない」、ロケットに乗ってユーマに会いに行こうという物語の結論によく合っています。

5.映画における「ながれぼしのうた」の調性について

映画の中で、「ながれぼしのうた」はハ長調、ニ長調、ト長調(Twinkle Starsのみ)で流れました。以下、各場面各媒体で流れた「ながれぼしのうた」の調性をまとめました。()の中にあるのはその調の主音です(Cはド、Dはレ、…、Bはシ)

映画公式サイトhttps://www.precure-movie.com/pc/song/:ハ長調(:C)→ニ長調(:D)

映画冒頭(サントラ「ながれぼしのうた」オルゴール):ハ長調(:C) ※1

ユーマが再生していたオルゴール:ハ長調(:C)(途中まで)

ララがユーマに歌ったとき:ハ長調(:C)

ひかるがユーマに歌ったとき:ハ長調(:C)→ニ長調(:D)(なんで???)

Twinkle Stars:ハ長調(:C)→ニ長調(:D)、ト長調(:G)

映画ラスト:ニ長調(:D)(Twinkle Starsにおける「ながれぼしのうた」と同じ伴奏)

※1:フル尺だが「すべてハ長調」

童謡が途中で転調して、しかも調号が二つ増えるとかマジか? という感想を最初は抱きました。あの世界の音楽の水準がこちらの世界よりも高いと思えば納得できます。しかし、※1を付けた映画冒頭は、「ながれぼしのうた」がフル尺で流れているにも関わらず転調しません。その後も、「ながれぼしのうた」はハ長調で演奏され続け、ひかるがユーマに歌いかけたとき初めてニ長調が登場しました。映画は、「ながれぼしのうた」をユーマが歌っているところで終わりますが、その調はニ長調です。

ハ長調は童謡なので納得できます。しかし、それがニ長調に転化することにどんな意味があるのでしょうか?

その音響的な効果に着目するならば、音を上げることで、聴き手に上を向かせたいという意図が考えられます。ニ長調に転調したとき、確かにユーマはひかる・ララに対して上にいますし、映画の終わりでは空の彼方でユーマが歌っています。これは【前編】で言及した音楽の先生から頂いた意見です。

一方で、ニ長調という調性自体を物語と紐づけて考えることもできます。ニ長調はクラシックの書き方ではD-durです。そこからバロック期周辺で神(Deus)の調とされており、聖歌に好んで用いられたそうです[2]。

従って、「地球の童謡が新たな星の聖歌になった」と解釈することができます。

僕はこの結論が好きです。なぜかというと、同じ監督・脚本・作曲家の「映画魔法使いプリキュア! 奇跡の変身! キュアモフルン!」でモフルンが一度〇〇で〇〇するのを見て「モフルン、メシアじゃん」と思ったからです。ちょっとキリスト教の匂いがしたわけです。それに、今回の映画で「Twinkle Stars」が流れていた約7分間には、「神の7分間」とでも呼ぶべき、ある種宗教的な、説明し難い美しい現象(星の生まれ変わり)が起きていたので、宗教的な解釈を付けてみたくもなります。

実は、ニ長調の意味を調べて「神の調」に辿り着いたのではなく、別件で「神の調」を調べたらニ長調に辿り着きました。すごい廻り合わせですね。

12/09追記 6.声の位置関係について

アニメおよび映画での立ち位置は、悉くキュアスター(ひかる)が右、キュアミルキー(ララ)が左ですが、音の定位は逆(キュアスターが左、キュアミルキーが右)です。これはどうしてでしょうか? 新たな情報を求めて、12月8日(日)、僕は東映アニメーションミュージアムを訪れました。高木洋さんを初めとしたスタッフの皆さんのコメント色紙やキュアミルキー変身シーンの線画を見ることができて感無量でした(感想)。そこで、以下の文章を見つけました。

映画の物語と歌がリンクし、さらに、プリキュアが踊るダンスも加わることで、ライブのような一体感を感じる体験は、今作ならでは!劇中のプリキュアと一緒に歌って踊って、より、映画に参加しているような感覚を満喫していただける作品になっています![4]

(同様の文章を[4]で見つけたのでそちらを引用しました)

聴き手を舞台を見る側ではなく、舞台に共に立って歌う側にするために、CD音源ではこのような配置なのだろうと思います。一方で、劇中の位置関係はひかるが左ララが右だったので、映画で流れた音源では通常の定位なのではないかと思います。これについてはDVD & Blu-rayの発売が待たれます。

さいごに

「Twinkle Stars」が歌われた7分間は、監督曰くユーマの夢を言葉を介さず伝えるために「謎の感動」「『なんだかよく分からないけどすごいものを観た』というインパクト」で観ている人(子供たち)のイマジネーションに訴えかけることを狙ったそうです[3]。本当情動が揺さぶられるし理解を超えているしで言葉を失いますが間違いなく「美しい」とは断言できる、そんな最高の7分間でした。それもあって、映画1回目を観たあとの感想は「何か言うには美しすぎる」でした。人生で初めて複数回同じ映画を観に行きました(プロメアは未遂)。本当に素晴らしい作品ですし「Twinkle Stars」は神です。この記事を通して興味を持ってもらえたら、ぜひ観て欲しいし聴いて欲しいです。

もし観たくなった場合には、日吉周辺ですと、12月7日(土)、12月8日(日)は

イオンシネマ 港北ニュータウン:土11:05~ 日11:05~

渋谷TOEI:土14:10~ 日14:10~

などで観られます。Googleで「映画スター☆トゥインクルプリキュア」と調べるとすぐにわかります。少なくとも来週木曜まではどこかしらの映画館で上映されているようなので、この機会にどうでしょうか。

8u+4くんやsupercellくんは本編未試聴にも関わらず大変感動した様子で、僕と一緒に2回目を観に行くほどでした。また、大学外の友人も、本編未試聴と思われますが、映画の内容およびその魅力を十分に理解して楽しむことができたようでした。主要人物が少なく、初見でもわかりやすい作りをしているので、映画だけでもめっちゃくちゃ楽しめると思うのですが、いかがでしょうか。

さて、それでは、本日はここら辺でお暇致します。ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

 

追記

ループ再生と調性のくだりは僕の考えすぎだったようです。

参考文献

[1]アニメージュ スター☆トゥインクルプリキュア特別増刊号 39ページ

[2]月刊クラシック音楽探偵事務所「ハレルヤコーラスはなぜニ長調なのか?」

[3]アニメージュ スター☆トゥインクルプリキュア特別増刊号 42, 43ページ

[4]PR TIMES『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』スペシャルダンスイベント開催!!成瀬瑛美&小原好美が映画のテーマ【うた】と【ダンス】を熱く語る♪

←5日目 7日目→