Author: Qchan

ディストーションギターの音作りとか

こんにちは。

久しぶりに打ち込みました。前回(一年前w)といい、音作りしかしてないですが、しばらくの間は参考になるものでマネびます。疲れたのでメモ的な感じで

super meat boy : Credits (一部だけ耳コピ)

原曲 https://www.youtube.com/watch?v=-SGuUO6TxAM

 

まず、土台となるものから音作りを始める。でないと、効率がわるい。作曲と違って、これは調整の作業みたいなものなので、道筋が決まっていないと間延びする。さらに、作曲ほど曲に与える影響度は小さいかもってことでサクッとやりたい。ドラムセット、ベース、ギターの順に大体音を整えていく。土台の上に乗るものはミュートして、どんな音にするか明確にする。土台はしっかりしたいので、土台だけでまとまりがある(バランスよくMIXする)ようにし、その後ピークをチェックする。ピークが変化しすぎるのは避けたいのでコンプレッサとか、定位とかを調節する。

次に、土台に乗るものだけど、これがメインでなくてはならないから頑張ろう。旋律系は土台がよければそのまま上に乗せるだけでいいという考え(そのための土台)。今回はあんまりない(だからこの曲)。土台を直したくなったら、何が悪いのか良く考えた(予想した)上で、ドラムセット、ベース、ギターの流れで直す。下から積み上げていこう! 楽器が増えたら定位も同じように考慮しよう。

 

ディストーションギターはよく考えてみたら、エレキギターの弦の振動をエフェクターに掛けているので、元は共鳴の少ない、弾いた高音のチャカチャカがある音だった。ミキサーにはDirect Injection box(DI)を介して接続するらしいが、普通はアンプから出た音にマイクを立てて収録するらしい。なので、原音を再現しなければならない。正直どんな音なのかDI持ってないしわからないので適当にアコギにイコライザ(EQ)で共鳴の部分と嫌な高音をカットした。どうせ歪ませるから変わらないだろうと思ってたが、デジタルエフェクトでもアナログっぽいところが再現されてるのか、意外にこれが音色の変化をもたらした。

歪ませた後は前回のようにEQをかける。500~1.5kHzの間を狙って大幅カットして、1.1kHzとかよさげなところをかわりに加える。2k,3kHzに鋭めのQ値でカットを入れて、低音部分は、場合に応じてベースの音など、先に決まっているものにあわせる。様は中音域は全体的にまとめて削減して必要な所だけ加えてあげるというのがいい。EQの心得としてブーストばかりしないというのがあるが、カットばかりするよりも、ある点だけ増やしたほうが効果的な場合がある。カットしてカットして結局残ったのがある一点だけだったというオチが待っているのだ(涙)。 EQいじるときは加減両方を確かめ、shelfタイプをうまく使うべし。

というわけで、ギターの音作りはこれである程度満足できました。vst音源のドラムには負けてますが、ギターとかノイズ使えそうなやつはEQがしっかり設定できれば、Studio one の付属だろうが良くなりますね;)

次は動的に音色の変化をおこすようなものをやる予定です。

音楽班紹介Ⅵ ~矢上祭、三田祭での活動~

こんにちは。

昨年度の矢上祭と三田祭での活動を紹介したいと思います。

昨年度は音楽そのものを展示した初めての年でした。一昨年からゲームのBGMの製作はしていたものの、慶應コンピュータソサィエティが音楽を出し物にするとは想像できなかったですね。PCに製作した音楽をいれて、会場にBGMとして流したり、ヘッドホンを用意したりしました。当然、数人程度でしたが、聞いてくださる方もおり、良い記憶となりました。このような文化祭での展示があったことで、より高い目標、沢山の人に聞いてもらおう、なんて動きが音楽班に生まれたように感じます。

僕個人の話ですが、矢上祭では他のサークルでゲーム音楽を作曲している方との交流もあって、慶應の音楽のレベルの高さを痛感しました。僕は作曲して音楽班の仲間と共有した後、ネットに投稿するだけですが、実際に端末で聴いている人を横目で見るのは生々しいです。自分たち音楽班の活動の結果は、デバイスを通し、ヘッドホンで一人音楽を聴き、去ってゆく人間を作り出しているのだと。また、素直に心がすっきりしてくれたりとか、そういう反応が見える/見えないがあるので、本当に力不足だなと思えますし、もっと素晴らしい音楽をつくり、伝えていけたらと思うようになりました。

個人の反省ですが、次からは怖くても実際に感想をきけたら、よりためになったと思います。始めて間もない間は勉強不足の点を洗い出すのは大事でしょう。評価は、自分たちが文化祭でやったことの具体的な改善点になりますし、成長していくには必ず必要なことだと思います。またリベンジしたいです! おわり

 

4/24(日)に作曲体験会をやります)

矢上祭用のマスタリング(音作り番外編)

矢上祭用のマスタリングをしなおしました。会場で十分に聴こえるようにするため、音圧を上げることをメインに取り組みました。

以下やったこと。

・ベースを120HzをピークにEQを強めにかけ、ギターの低音を増やし、それに対して高音も少し追加。これで音がうるさくなる。

・コンプレッサーでサイドチェインをかけてノイズ部分を圧縮する。サイドチェインとしてコンプレッサーに音を入れれば、その音が大きくなるところでコンプレッサーが作動するようになります。サイドチェインとして入力するのはソロや打楽器系です。アタックなどが大きくてコンプレッサーをかけすぎるとぼやけてしまうパートにおいて、その他の音を削ることでバランスをとる作戦です。音作りのときにいろんな音を合成していたので、その中で重要ではない素材の音を選びます。私はホワイトノイズと、雰囲気程度に入れた失敗作にコンプレッサーをかけて10dBくらい削りました。意図した雑音は音圧上げのマイナス要素ではなくなります。入れておいたノイズがここでも役に立つとは思ってもいませんでした!

また、音域が重なっているところは特に効果的かなと思います。マスキングをイメージして、バスドラムとベースの音が同時にアタックする瞬間だけ音が大きくなるので、バスドラムがなってる間はベースの音を9dBくらい削りました。

感想としては、重要な音はそのままに、音が大きくなったとき、いらない音だけが小さくなるので、非常に効率のよい音圧を上げる方法だと感じました。ポイントの楽器だけサイドチェインをガッツリつかえば、ちまちまとした微調整に頼らずに音圧が上げられると思います。

音作りのポイント part3

最後の記事となりました。

 

(3)エフェクトは重複させると一つではできなかった効果を得ることが出来る

コンプレッサーを複数個分けて使うと効果があるというのを聞いたことがあって、それから発想を得ました。コンプレッサーはリリースだけ変化させた2,3個使うと結構いい感じになります(テキトー)。

基本何でも重複させると、それだけきめ細かく音作りが出来ると思います。ちまちまと数個のパラメーターを変化させると必ず良い組み合わせが見つかります。

特にリバーブを複数重ねるのは欠かせません。オルガンの音作りの際、望みの残響を目指して、studio one のリバーブを6個かけました。今まで自分は一つのエフェクターだけで悩んでいたのですが、パソコンのスペックがあるなら何も躊躇するものはありません。

 

注意

ただし、調理においてやってはいけないことがあります。それは音楽全体をオートミールにしないことです。とても難しいことですが、明確な音のイメージを持ち、音を良くきいて、あるときは冷静になったり、少し耳を休ませたり、日を変えたりして判断しましょう。自分は音作りが好きな分、個人的に気をつけなければならないことだと痛感していまして・・・がんばります

個人的にミックスをするときに気をつけていることはいろんな周波数を耳で走査していろんなトラックの音量を小さくしていくことです。音が聞き取れるか、聞き取れないか基準としてそこから音量を上げるのが理にかなっていると思っているからです。

普通に作っているだけだと、これじゃ音が大きい!ということに気づけないことが多いです。ミックスをするときに、音が大きくなるほど感覚は鈍くなり音が小さくなれば感覚が鋭くなる(=小さな音でも聞こえる)ということが言えると思います。根拠を探せば、ヴェーバー‐フェヒナーの法則とかマスキングとかになるんじゃないでしょうか。大きい音ははっきり聴こえても、音が大きいことには気づきにくいのだとおもいます。逆に、ためしに一つのトラックの音量をいじってみて、音を小さくしても、まだ聴き取れる場合がほとんどです。ミックスはわからないことだらけですが、そのことについてはまた別の記事に書こうかなと思います。

 

まとめ

一番やりやすい音作り(ごまかし)は異なる種類の楽器を使ってあわせる手法。EQはその時の強力な助っ人になります。

音作りのポイント part2

Qchanです。音作りのポイントpart2です。

自分で勝手に命名しただけですが、

料理のポイント

(1)ホワイトノイズをEQかけて使う。

(2)似たような楽器にエフェクトをかけて混ぜる。

(3)エフェクトは同じものを複数個に分ける

というのでpart1では(1)ホワイトノイズをEQかけて使うことを紹介しました。今回はその続きです。

 

参考曲 Heart-quake

soundcloud qchan-squid

 

(2)似たような楽器を使って料理をする

簡単に言えば、いろんな音の良いところだったりをあわせることで、音のバランスを整えていくことが出来るということです。

エフェクトは別にして、「この音のここがいいな」とか思う楽器が存在していれば、とりあえずやることは簡単に決まるというのが一番の利点です。そして、いくらでも材料はあるということ!

とりあえず、似た楽器で攻めて行くことにして、strato guitar や acoustic guitar にアンプとかディストーションをいっぱい入れて本物っぽくしました。リアルな経験がなく苦戦しましたが。

 

gtr fx左から、strato, acoustic, distorted のエフェクトです

acoustic guitar

ディストーションをかけるとソロのギターに適した感じになりました。以下、上のファイルがエフェクト無し、下がこれらエフェクトを全部入れたものです。


 

distorted guitar

ディストーションをわずかに入れると音色が深くなり好みになりました。特に和音になったときにひずみが増すので、少しでもディストーションを入れとかないと和音が薄くなってしまいます。音楽班の仲間からEQで中音域を削るといいときいたので、ノイズとバランスよくなるように調節しています。


 

strato guitar

本物っぽくなったけど、そのままだと重すぎて高音がほぼ全部マスクされてしまいます。今回はEQで低音を大きくカットしています。


 


以上の音で、メインにdistorted guitar をおいて、strato guitarとあわせた音が下のファイルです。

 

似た楽器をいじってみても思い通りの音にはならないことも多いですが、一工夫すれば別の用途に使えます。許容範囲内であれば、聴こえないくらいにボリューム小さくして入れておいてもいいかもしれません(小さく混ぜておくのは、ノイズのもとになったり、音の嫌なところを隠してくれるかもしれないため。そこは完成前に判断することです)。まあ、無駄ではなく個性的な音が出来たと思ってお料理を楽しみましょう。上のacousticは和音ではうまく使えませんでしたが、入れておくと深いコクとなめらかさがでてきます。なぜなのかは今後の課題です。

 

EQ guitar

参考としてだいたい上図周波数でEQはかけました。

注意点としてはEQをかけてカットする部分はなるべく同じ周波数にするほど音色が明快になります。2個以上の楽器を主な素材としてあわせるなら必須です。でないとEQかけてひずみとかを削減した意味が薄れてしまいます(特に3kHz)。

好みですがノイズのような隠し味にも周波数を重ねるのは有効かなと思います。ちなみにマスキングの関係でカットする周波数が倍音関係になっていれば理解のしやすい音になります。どちらが良いか自分では判断つかず、とりあえず、主原料ごとに3kHz以外は若干ばらけさせてます。だってマスクされてないじゃん。もったいないよ

 

最終的な音

noise  + strato guitar + distorted guitar + acoustic guitar(失敗作)

 

 

次回は

(3)エフェクトは重複させると深い音になる

もう重複したエフェクトの音をすでに使っちゃってるし、最終的な音もわかっちゃったわけですが、一応、次回で少しお話します。

そして、最後に気をつけなければならない大事なポイントです。

 

 

音作りのポイント part1

参考曲 Heart-quake

soundcloud qchan-squid

 

(1)ホワイトノイズを使う

ノイズなんて邪魔でしょと思われがちでしょうが、あなどるなかれ。ノイズは人間にとって親しみやすいものだと思います。フルートには少し息を吹くことのノイズが入りますし、雨の音とか、打撃音にもノイズは沢山入っています。外乱などではなく、必然の音でしょうが、電子音にとっては非常に複雑で把握(計算)することの出来ない”ノイズ”なのです。ホワイトノイズを使って代用しようというのがもともとの発想です。

this is it s2

縦軸時間、横軸周波数の図。

まずは目標となる音を見つけて分析します。これは staind – “this is it” をスペクトログラムで見たものです。中央から上側のなんだか良くわからない音の密集したところがサビの部分です。そこでは3~5kHzのところでノイズのようなものが目立ちます。ここでホワイトノイズを使用してごまかせば何とかなりそうです。

下側はサビの後の最後でギターとベースが音を伸ばすところです。全体としては低音が強いということ、音に揺らぎがあることと、周波数では上が7kHzまでときっちり分かれているのがわかります。

また緑色で印をつけましたが、4~4.3kHz程度のところで色が黒く(=音が少ない)、大体3khzぐらいまでかな、と思い音作りに入ります。

細かい調整は実際の音聞いてやります。分析結果を参考に好みの音にしていきます。これはあくまでノイズなので目立つ音(要らない音)はどんどん消していきます。ノイズ自体の音量も出来るだけ小さくします。結果、下図のようになり、studio one のエフェクトだと安定して出ない高周波数の音を補う感じになりました。微妙な音はマスキングで消えますが、ホワイトノイズはランダムで音の大きさが上下するので、うまくいけばこえる”瞬間”があるように感じます。こんな感じで深みを出せるのがノイズの良いところです。2.4kHzはお好みで入れました(味付けしすぎに注意)。ノイズはいろんなところで発生する自然な音なのです(笑)

white noise EQ

その音

意外とうるさくない?!気もします。後ほどあわせた音を紹介します

 

次回は、

(2)似たような楽器を使って料理をする

です。

 

KCS 作曲 音楽

はじめまして。こんにちは。

主に作曲をやりたいと思っているQchanです。

記事を書くようすすめられたので簡単な活動報告をさせていただきます。

 

KCS音楽班の勝手な紹介(あくまで個人的に)

メンバーは今のところ11人。KCSで作曲をしていて、私が曲を聴いたことがある人は5人(私を入れると6人)ですが、みんな良い個性を持っていて、KCSで扱う音楽のジャンルは幅広いです。

定期的な活動としては、音楽勉強会という音楽のネタを勉強し共有するものがあります。今のところ年に4,5回くらいを目安に、講義や作曲したものの発表、みんなで決めた課題の製作をしています。

何よりすごいところが、曲をLINEに投下すれば、アドバイスがいただけるという、素晴らしい環境です。

答えのない音楽へ、音楽を作る人からのアドバイスは一生かけがえのないものになると確信しています。

作曲した音楽がどんなになったかで心を通じたコミュニケーションが行われているんですねー

 

さて、先日、Heart-quake : Quake of Reminiscence という曲を製作しました。だいたい曲名は遊び半分でつけてます。

経験が浅く、まともに曲が作れませんが、音作りに関しての方法のうち、エフェクト系をつかったものがあるので、その紹介をしようと思います。

ギターのひずんだ叫びがなければ、ドラマチックにはならないだろうなと思い、ギターの音作りをすることに。

アンプつけたりエフェクトかけたエレキギターはまったくさわったことがないので、カッコいいギターの音を分析してまねをします。

 

Heart-quakeは下のリンクをクリックすればsoundcloudページできけます。

soundcloud qchan-squid

 

使用

studio one 2 artist

初音ミクV3 original, soft

sound font

音源は、ほぼstudio one instruments vol.1 を使用しています。

 

料理のポイント

(1)ホワイトノイズをEQかけて使う。

(2)似たような楽器にエフェクトをかけて混ぜる。

(3)エフェクトは同じものを複数個に分ける

 

次の記事で音作りのポイントについて詳しく紹介していきます。