Author: okku

いよいよ三田祭!!

明日、11月20日(金)からいよいよ三田祭開催です!!

 

我々KCSも、もちろん参加します! 場所は133教室の奥で展示しています。(詳しい場所は記事の最後に)

矢上祭でも人気だったOculusを使ったVR(仮想現実)体験ゲームをはじめ、部員たちが製作したゲームや音楽・映像作品と研究を発表します。 皆様ぜひぜひ三田祭KCSブースへ!!

 

<詳細情報>

開催日: 11月20日(金) ~ 11月23(月・祝)

開催時間: 10:00 ~ 18:00

場所: 慶應義塾大学三田キャンパス (Googleマップで確認

第一校舎三階、133教室奥 (キャンパス内部の説明はこちら

 

三田祭ホームページへはこちら

矢上祭、無事終了!!

10月10日()、11日()と矢上キャンパスで行われていた矢上祭が無事終了しました!

KCSブースでは制作したゲームや映像・音楽作品の展示、研究の発表などを行いました。

実はKCSは今年矢上祭初参加ですが、たくさんのお客様にご来場いただきました。KCSブースに来てくださった皆様、大変ありがとうございました!

一般のお客様に作品を見てもらうことは部員たちにもいい刺激になり、また様々な創意工夫のヒントを得られたと思います。

 

さて、今回のKCSブースの目玉は仮想現実を楽しめるOculus Riftでしたが、お客様にも大変反響がありました。皆さんこちらが期待したようなリアクションをしていただいたので、開発者チームは大変喜んでました。(笑)

それ以外の展示も興味深く見ていただきました。研究発表では「伝わらずに、楽しんでいただけないのではないか」と個人的には不安でしたが、発表を聞いた方々には「なるほど!」という反応をしていただいたので内心とてもホッとしておりました。

PCやAndroidのゲーム発表も楽しんでいただけたようで、中には「帰るよ!」と言われてもしがみつくようにプレイをしてくれるお子さんもいました。そんなに楽しんでもらってるなら是非プレイしていて欲しい!という想いと、でも親御さんは困ってるんだから帰った方がいいよ・・・という想いで揺れ動いていました。(笑)

初参加ということで不安だった今回の矢上祭、予想以上の大きな手ごたえを得られました。また来年も出展しますので、来年もKCSブースに是非お越しください!

 

展示した作品の詳細についてはこちらのpdfからどうぞ

総会を行いました&矢上祭のお知らせ

10月6日(火)に総会を行いました。

主な内容は以下

・三田祭、矢上祭の詳細について連絡および会議を行いました

・新しく備品を購入することを決定しました(Geforce GTX970ほか)

・OB,OG会および他校との交流会についての連絡を行いました

 

さて、10月10日()12:15〜11日()10:00〜に慶應大学矢上キャンパスでは矢上祭が開催されます!!

その矢上祭に我々KCSも参加します。場所は12号館2階の207教室です。お時間のある方は是非遊びに来てください!

<展示作品>

Oculus Riftを使ったシューティングゲーム

・脱出ゲーム(PC)

・弾幕シューティングゲーム(PC)

・ボードゲーム(Android)

・アスレチッククリエイター(Android・PC)

・コーディングエラーチェックゲーム(PC)

・2Dスクロールゲーム(PC)

・その他音楽作品、映像作品

・研究発表パネル「Lights Out」

神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1

格闘! ARゲーム開発 vol.1

Augmented Reality、拡張現実を知っていますか?

 

特定の図形をスマホなどのカメラで写すとその図形の上にまるで本当に物体が存在しているかのように画面に表示されるアレ、アレです。最近は図鑑やイベントなど様々なところで見かけるようになりました。

現在よく見るARの多くはAR用に調整した特定の図形を認識することによる「マーカー型」ですが

普通の物体を認識する「マーカーレス型」

GPS等を利用する「ロケーションベース型」

など他にも様々な方法があり、色んなところで研究開発が行われています。

しかし、まだまだ拡張「現実」と言えるほどリアリティがないのか、イロモノ的な「生まれたての未完成技術」扱いの枠は抜けません。生活に溶け込めるレベルにはなってないんですよね。じゃあどこをもって完成と言うのかと考えると、個人的にはとりあえずARが目指すゴールはやっぱり「電脳コイル」の世界だと思うんですよね。(知らない人はググってくださいw)

この話は長くなるのでこの辺で。

あの世界感に憧れた人、理工学部なら結構いると思うんですけどね・・・・(小声)

 

そんなARは今、マーカー型の簡易的なものなら簡単に作れるようになっています。かがくのちからってすげー!

環境構築して・・・・

ググって・・・・

コトコト煮ると・・・・

AR_demo

ハイ、できあがり。ね、簡単でしょ?(ホントに簡単なんですよ)

 

今後は、これを使ってゲームを作っていきたいと思います。こっからが遠いんですよね、こっからが・・・