聖地特定とかいう趣味について

これはKCS AdventCalendar2019 19日目の記事です

←18日目 | 20日目→

こんばんは。17日の夜に急遽アドベンドカレンダーを書くことになった4LDK ( @saki4ldk )です。案の定間に合いませんでした。

内容はある程度考えていたものの、少し急だったので、この記事は少しも情報とも数学とも、もはや任意のKCSの活動とあまり関係がありません。

なんの話かというと表題の通り、漫画/アニメ作品における聖地特定の仕方についてです。現実の写真については情報量がこれらよりも多いことの方が多いため、特に室外だとストーカーまがいのことをするのに必要な知識にもなってしまいますが、これを読んでいる方々は犯罪などには利用しないと信じています。

また、記事の内容の都合上、わりと著作権を無視しています。問題があればだれか消しておいてください。一応ある程度は気にしているので後半の実例までは写真を出さないようにしています。なので途中まではめっちゃ黒い記事です。

聖地とは

 

ここでは別に宗教的に大切な場所という意味で「聖地」という言葉を使っていません。自明ですね。ある作品において、背景の参考にされた場所のことです。

有名なところだと、2916年に公開された新海誠監督による長編アニメ映画「君の名は」の聖地として、作中に出てくる「糸守湖」の参考となった長野県諏訪市にある諏訪湖や「糸守町」の参考となった岐阜県飛騨市、2012年秋季から放送されたテレビアニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地として、作中で名前もそのまま出てくる茨城県大洗町などがあります。

 

聖地特定について

 

本題に入っていきましょう。前述の「ガールズ&パンツァー」のように、作品内で出てきた名前のまま聖地になっている場合や、公式サイトや公式Twitterでここが聖地です、と宣言している場合はいいですが、大半の場合はそうではありません(とはいっても、最近は宣言してくれる場合が少しずつ増えている気がします)。

そうではない場合どうするか。もちろん自力で探す必要があります。いや、べつに必要ではないですが、探していると案外楽しいので探しましょう。基本的に探す場合はgoogleと長時間デートすることになります。あとで例としていくつかの聖地特定作業を紹介しますが、どれもgoogleくんのおかげで特定できています。意地でもgoogleを使いたくないひとはyahooでググってください。

 

特定困難なもの

 

具体的な探し方の前に、(ぼくが)諦めるポイントを先に紹介しておきます。

 

1.存在しない

 

どうしようもないですね。作品によっては、聖地がある背景が手書き、ない背景は3DCGだから慣れてくるとわかる、などといった場合はありますが、たいていの作品は聖地が存在しているかどうかの判断はほとんどできません。判断ができないので、探しながら、あまりにも見つからず、心が折れたタイミングで「こんなところ現実にはないんだ……」と言ってあきらめることになります。何度かこの経験がありますが、どうしても「僕の実力がないだけで、実はあるのでは……?」という思考が捨て去れないです。でもこれだけは言っておきます。

ないものはない

 

2.海外

 

こっちは1と比べて実際はどうにかしようがあります。例えば、2014年にアニメ化された「ご注文はうさぎですか?」の聖地はコルマール、リクヴィールといったフランスの都市や、ハンガリーの首都ブタペストと、ヨーロッパの都市が聖地となっています。諦めるポイントを紹介するのに、なんですでに見つかっている作品を?と思うかもしれませんが、街並みでヨーロッパとわかった時点で、あまりにも探す範囲が広すぎます。また、細かいところに対しても海外のものだと気づけない場合があります。そのため、あくまで僕はこれは国内だろうというものしか探しませんし、紹介する探し方は国内向けのものです。

 

3.あまりにも情報量が少ない

 

これは、2と似ているのですが、たとえば、一面草原の背景に対して、「これの聖地は○○だ」ということは厳しいです。他にもキャラクターが前面に出過ぎていて、背景がほとんど見えない場合もこれです。探すことが困難な他、合っているかどうかの判定が難しいです。

 

4.正確に描かれていない

 

ここまで読んで、実は自分が好きなあの作品の聖地とか探せないかな、とか思ったあなた、残念でした。多分無理です。

いや、無理ではないのですが、大半の場合は基となった風景に対して、描きやすいように物を減らしたり、単純化します。また、最近は聖地関連のトラブル(一番最後に書きます)も起きているため、わざとある程度現実の風景からずらしている場合が多いです。少しだけならばともかく、殆ど違ってくると、探す材料がないので、ほぼ運と制作会社への知識になります。幸いなことに、アニメやゲームならば制作会社ごとに、漫画ならば作者ごとに、どれくらい正確に描かれているかがほとんど決まっているので、これらが同じ作品の聖地の写真と作品での描写を見比べ、どれくらい正確に描かれているだろうかを推測してから探すことができます。

 

ここらへんに当てはまった場合(1は探して見つからなかった場合、最後に当てはめるものですが)、素直に探すのをあきらめましょう。諦めなくてもいいですが(実際海外聖地のものや描写が曖昧なものならばたくさん見つかっており、見つけることが困難なだけで不可能ではないので)、その分覚悟しましょう。

 

実際の特定作業

 

というわけで実際の特定作業に移っていきましょう。

まず、聖地は大きく分けて、当たり前ですが、室内のものと室外のものがあります。また、これはほとんどの場合、実際に見つけてからどちらだったかわかるものですが、そこに登場しているキャラクターや作品自体の設定にゆかりのある地かどうかという分け方も存在しています。東京の話をしているのに聖地が大阪にあるのが後者、実際に東京にあるのが前者です。基本的にこれらのキャラクターや作品の設定は優先的に利用していくので、前者は見つけやすいですが、後者はすこし難易度が上がります。また、設定に一切地理的な要素を含んでいない場合も後者に含みます。

 

1.室内かつ設定に準じた場所の場合

a

というわけでまずはここです。これは僕自身が特定した聖地なので、実際に特定に至ったまでの過程になります。

まず、彼女らは名古屋に住んでいる設定なので、ここが名古屋だと仮定します。

左端にゴミ箱のようなものが見えていることから、ここが一般公開されている場所と考えると、特徴的なものは階段についている灯りの形及び、螺旋階段です。

後は螺旋階段のついている名古屋市内の建物を調べるだけなので、googleに頼ります。

b

はい、見つかりました。あとはこのサイトに行って場所を調べれば終わりです。簡単ですね。10分かからなかったはずです。

このように室内の場合はgoogle mapではなく、特徴的な情報を片っ端から入力して画像検索したほうが見つかったりします。

 

2.室内かつ設定に準じていない場所の場合

いい感じの場所が見つからなかったので飛ばします。というか、この場合はだいたい諦めます。

 

3.室外かつ設定に準じた場所の場合

ここからがいよいよgoogle mapくんとのデートタイムです。

EI-yZfZUcAExHBM

こちらです。手前の子が小学生時代に横浜に住んでいた他、奥に小さく描かれている着物の子も横浜出身です。

ということでまずは横浜を仮定して探します。

まずわかることを整理しましょう。

  1. 奥に橋が見える
  2. 手前に手すりの付いている階段がある
  3. 左側には三つ建物が並んでいるほか、柵があるためそこに段差がある
  4. よってここは坂の途中で逸れた横道である
  5. 奥に掲示板が見える

あたりがぱっと出てくる情報でしょう。ということでまずは橋に注目します。

google mapで横浜の橋を調べてみましょう。とはなりません。川が見えているならまだしも、坂の多い横浜ではそうではない橋(跨道橋)が多く存在します(川が見えていたら川から調べます)。

なので、ここは先に有名な橋から潰していきたいところですね。

ということでトリップアドバイザーさんで調べてみます。このサイトはジャンルごとに観光地をまとめてくれているため、聖地を探すのにわりと向いています。

ここで横浜の橋を調べると12件ヒットします。ここからありえないものだけ除きます。ベイブリッジや、すこしマイナーですが、鶴見つばさ橋は規模が違いすぎます。

あとは残った10件をひとつずつgoogle mapで見ていき、上に書いたような情報に一致する点を探します。見つかったのでいいですが、見つからなかった場合は神奈川県が出しているかながわの橋100選あたりを参考にすることになると思います。これならまだgoogle mapで最初から橋だけで検索してローテーションしたほうが楽かもですね。しかし、google mapでは出てこないものもあるので、このようにある程度の数をまとめてくれているサイトが見つかったらできるだけ活用したいですね。

答えだけ書くと打越橋が奥に見えている橋です。本来はストリートビューを使って細かいところも見ていくのですが、これは実はストリートビューの入れない場所なので、雰囲気で伝わってくれればいいと思います。

cd

聖地の奥の坂から見たストリートビューです。4に書いたように手前が坂になっている他、奥に掲示板があることもわかりますね。

f

地図の黒マークからの風景と考えれば、左側の建物が三つ続いているように見えることもわかります。

ということで実際に行ったときの画像がこちらです。

g

ということでここが正解と考えていいと思います。

もっと広角だったり、上が写っていなかったり、いろいろずれているのですが、そこは許してください。

 

 

4.室外かつ設定に準じていない場所の場合

h

ということでここがかなりの問題です。まず、手前に大きく移っているキャラクターは現在東京在住、島根出身、奥の着物の子は先ほど言った通り横浜です。

先に答えだけ行ってしまうとここは伊豆なのでどちらとも全く関係ないですね。

ではまず先ほどと同じように情報を羅列していきます。

  1. 緩やかな川に沿った道
  2. 周りを山に囲まれている
  3. 川にかかっている線が、おそらく農業用のパイプなので、この近くで農業を行われている(規模不明)
  4. 奥に小さく井戸が描かれている
  5. 平らで出っ張った屋根の家or車庫(一番→)がある
  6. 斜めの電線がある
  7. 真空管温水器が設置されている家がある。
  8. 川のちかくの大きな石の上に像が立っている
  9. センターラインが道路にひかれていないため、道幅はそこまで広くない

あたりが見つかりますね。4番以降はまず気づくのが大変ですね。

ということで、まずは5番です。これはかなり重要です。屋根が平らということは、雪があまり積もらない地域ということです。雪が積もる場合はこんな建築したらつぶれますからね。

次が真空管温水器なのですが、本来真空管温水器やソーラーパネルは、一番日の当たる南の方向を向けるため、これだけで実際の方角がわかりそうですが、山に囲まれている場合はそれが適応できず、谷のほうを向けます。実際向けてますね。なので何の情報にもなりません。あえて情報になるとしたら、この真空管温水器のメーカーが島根県以外に営業所があるため、地味に島根県である可能性が下がったことくらいでしょう。

ということで、島根県と豪雪地帯でないこと以外は山間部であることくらいしかわかりませんでしたね。あとはどうするかというと、ほんとに地道に調べていきます。前述の通り、観光地の川を重点的に調べながら、あとはもう日本全国適当に探し続けるだけです。この作業をずっと続けていくといずれ見つかります。数時間どころか数十時間探しても見つからないことも覚悟しましょう。そして見つかったのがここです。

f44dad857a65bc0af5e14a6354360c05

ここも自分で撮った写真はあるのですが、このストリートビューと対して変わらないので省きます。

この通り、設定に準じていない場合、情報を使って地域を絞っていき、あとはローラー作戦になります。

そのような場合に考えたいポイントは、ここまでで書かなかったものとして

  • テレビのアンテナは、パラボラアンテナならば南西方向に向け、地デジのアンテナならばその地域の近くの放送局のほうを向けます。地域ごとの放送局は調べたら出てきます。方角がわかるのは大きい他、地域が一定以上に絞れればアンテナの方向でかなりその先絞りやすくなります。
  • 山の稜線がくっきりと見えていて地域がある程度絞れている場合はPeakFinderを使うこともオススメです
  • 鉄塔が見えている場合は塔マップを参考に探すことも可能です
  • google mapを地形図モードにすると高低感がわかるため、高低差の大きい場合はこのモードがおすすめです
  • あとは地理について詳しくなるしかありませんね。雪が多く降る地域は屋根が斜めな他に消雪パイプがあったり、日本海側の海岸は砂を止める柵がついていたり……
  • 背景から自分が予想するその風景を上から見た地図を手書きしましょう。地図は上からみたものなので、一回書いてみるとかなり情報がまとまります
  • 方向が確定していないときに決めつけないようにしましょう。別に奥が北じゃないです(あたりまえのことですが、実際やってみるとかなり大事です)
  • あとはもうgoogle mapとgoogle検索を反復していくだけです。google mapでは出てこない情報が載っている地図は実は結構あるので、そのような地図も使うといいです。使ったことないですが自販機mapとかもあります。

 

5.特定困難な場合の、作品背景的な特定

一応ある程度の手法は4に書いた方法をできるだけ試していくのですが、このような場合、もっと早く見つかることが2つあります。というかこの2つは背景がどんな背景であってもかなり強いです。

 

1.その場所を知ってる

ひどいと思うかもしれませんが、ここ行ったことある!やここ近所だ!で見つかる聖地は割と多いです。

 

 2.作者の出身地やよく使われる場所

作者の出身地はわりと聖地にされたりします。あと、例えば京アニならば京都やその周辺の都道府県だったりすることが多いです。あと聖蹟桜ヶ丘はわりといろんな作品の聖地になっています(シャニマス、わたてん、fate、一週間フレンズ、耳をすませば、etc…)。

はい。どっちもひどいです。でも実際これ除くとだいたいは運ゲーです。

 

最後に

ここまで真面目に読んでいる人がどれだけいるかわかりませんが、このような行為は問題になることがあります。いえ、別にストーカーとかの話じゃないです。実は、割と元となった背景の建物などに許可を取っていない場合があります。それで特定した結果、元の建物の所有者にも、その作品自体にも迷惑がかかることがあります。最近(?)だとゆるキャン△のキャンプ場や、エロゲで問題がありました。

あと実際に訪れる(=聖地探訪)際は、地元の住民の方々にほんとに迷惑かけないようにお願いします。一般の家の写真とか撮るのは文句言われたら普通にアウトなことなので……あと行った先でバカ騒ぎしないで……ほんとに……

Posted on